既に、腸内フローラの存在抜きに健康をお話しすることは難しくなっている今日。腸内フローラを良い感じにすることは、いわゆる善玉菌を増加させる、ということです。 この記事では、善玉菌を多くしたい方向けに、いくつものサプリメントから選び抜いた善玉菌サプリを、ランキングの形でお見せします。そして、善玉菌を増やすことにより現れてくる嬉しい効果などもご紹介していきますので、あなたなりの善玉菌サプリ選びにお役立てください。

  1. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

    もっとスッキリしたい方をサポートするサプリメントが乳酸菌革命です。パワーアップして四代目が登場しました。

    乳酸菌革命の公式サイトはこちら

  2. 善玉元気

    【善玉元気】公式サイトはこちら

  3. 女神フローラ

     

     

    『女神フローラ』公式サイトはこちら

 

 

 

善玉菌をサプリメントで体内に取り入れる理由

腸で働いてくれる善玉菌は、サプリメントではない食べ物からも摂り入れることができます。

 

食品中の善玉菌は弱い

善玉菌は、ヨーグルトとか漬け物などといった発酵食品に含まれております。けれども、食品中に存在する善玉菌は酸とか熱に弱くて、せっかく口にしても胃酸で死滅する可能性がとても大きいのです。 死滅した菌はその時点でいる腸内細菌のエサとなるため、無駄にはなりません。でも、このような死骸に善玉菌を増加させるほどのパワーを求めることはできません。

 

サプリメントなら腸内環境をチェンジできる

そこでサプリメントの出番です。善玉菌サプリなら、菌そのものが酸とか酸素に強かったり、胃酸から善玉菌を保護するカプセルを使っていたりします。生きたまま腸まで到達することができ、効率的に、そして確実に善玉菌を増加させるアクションになるのです。

 

善玉菌サプリ、選び方の基準って?

そんな善玉菌を増やすことを目指して飲むサプリメントは、俗にいう「乳酸菌サプリメント」として市場に出ています。腸内フローラの大切さが知られてきたのと一緒に、乳酸菌サプリの売れ行きは増えています。 そんなわけですから、本当の善玉菌サプリをチョイスしたい方は、次にあげる3つの基準を満たしているサプリをチョイスしましょう。

 

善玉菌を増加させた臨床試験結果があること

どんなに優秀な菌が入っていると聞かされても、実際に人間の口から入り、腸でいい感じに力を発揮できる裏付けのないものは、飲む気持ちが無くなってしまいますよね。臨床試験において、腸の善玉菌を増加させた実績を持つ善玉菌であると納得できる結果があるのなら間違いないでしょう。

 

善玉菌の栄養源は含まれているか

さらに、善玉菌の栄養源が一緒になっているサプリメントならば、効果上乗せが期待できるから、こちらもチェックしてみると良いですね。善玉菌の栄養源とは、腸まで消化吸収されることなく移動するオリゴ糖とか食物繊維のことをいいます。 オリゴ糖は、少糖類ともいわれる栄養分で、第6の栄養素:食物繊維とならび、腸内フローラを良くするのに役立つと確認されています。善玉菌のエサになって分解され、有機酸を作り上げて悪玉菌を減らします。

 

安価で続けやすいこと

善玉菌サプリメントは、常日頃から飲んでこそ効力が発揮できますので、飲む日数は長い期間にわたります。どれだけ良いサプリメントであるとしても、長い期間にわたって飲むことを想定したときに、長続きできる値段かどうかも確認しておくようにしましょう。

 

 

そもそも善玉菌って何?

人間の腸内にはいろんな菌が棲み付いていて、その種類は数百種類にもなり、数にすると600兆個にもなります。

 

腸内細菌の分類

たくさんありすぎる数の腸内細菌には、健康によい働きをする??と悪く働く??が存在して、それぞれ善玉菌と悪玉菌と呼ばれています。ビフィズス菌など乳酸菌は善玉菌のひとつで、ヒトや動物の腸内に棲み、健康に良い影響をもたらしてくれます。

 

腸の善玉菌の大半はビフィズス菌だった

 

人間の腸の中では、ビフィズス菌が善玉菌のほとんど(99%以上)を占めてます。いろんな情報が多く、なじみがあるのは乳酸菌だと思いますが、比率にすると0.1%以下なのです。 腸内フローラのメインはあくまでもビフィズス菌ですから、ビフィズス菌を多くすることが大切です。従って、違う菌よりも、ビフィズス菌が中心で多く含まれるサプリメントを選択することを推奨しています。 ビフィズス菌も乳酸菌も、おのおの種類があって、属・種・株というカテゴリーで定められています。中にはビフィズス菌をうまく増加させる働きをする乳酸菌株も存在しますので、乳酸菌のみのサプリメントが良くないという話ではありませんが、メインはビフィズス菌になるわけです。

 

 

善玉菌は年を経るごとに減ってしまう

生まれたばかりの赤ちゃんの腸の中では、腸内細菌全体の99%以上が善玉菌なんですが、年を経るごとに数は減少し、大人だと10%ぐらいにまで善玉菌の割合がダウンします。 理想的な腸内細菌の割合は善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%と言われています。善玉菌の割合をキープし減らさないようにするのが、腸内環境を考えるうえで大切になってくるのです。

 

善玉菌サプリだけでは不十分?

善玉菌サプリを活用する理由は、善玉菌の数をキープすることにありました。ただ、善玉菌サプリを活用するだけでいいなんてことはありませんよね。サプリメントにだのみになってしまうと、腸内環境を改善することが難しくなる可能性があります。 肉やインスタント食品ばかり口にする日常や生活リズムの乱れが毎日のようになっていては、進んで悪玉菌が増加するのを応援して腸内環境を劣悪状態にしているようなもの。良い食生活・良い眠り・適度な運動・ストレスを減らすの4本柱を整え、管理していくことが大事です。

 

 

 

どうして善玉菌の数が増加するとお通じ改善が期待できるの?

ビフィーナSで「便通改善機能」が記されているように、腸内の善玉菌を増加させることは、便秘の解消が期待が持てます。 お通じが思うように見られない理由はいろいろありますが、そのうちの一つの原因が、腸内環境の崩れが影響しているものです。

 

善玉菌がお通じ改善のカギ

お通じ改善を望むなら、腸内フローラを良い状態にし、善玉菌を多くすることが大事になります。どうしてかというと、善玉菌が作り出す酢酸には腸の蠕動運動を促進する作用があるためです。 善玉菌の数が増えると悪玉菌は少なくなりますので、ビフィズス菌や乳酸菌を、善玉菌サプリや食べ物で多くすることが大切になります。 善玉菌サプリの摂取に加えて、日々の習慣の改善を一緒に行うことで効果が一層高くなります。

 

 

 

下剤(便秘薬)を長期間使用しているなら