毎日、スッキリしない。いつも、お腹にガスがたまっているような感じがする。 あなたは便秘に悩まされていませんか?
便秘の原因として、よく腸内環境や善玉菌、悪玉菌といった言葉を聞くと思います。 では、便秘とどういった関係があるんでしょう。

腸内環境が悪くなると、便秘になると言われています。では、腸内環境が悪いとは、どういうことかというと、 悪玉菌が増え、善玉菌が少なくなっている状態の事です。 

悪玉菌は、腸内の食べカスなどの不必要なものを腐敗させてしまいます。 その結果、腸内で臭いガスがたまってしまったり、 便がたまってしまったりするのです。 更に、腸の動きも悪くなってしまうので便秘という状態になってしまいます。

imasia_13940330_M

そこで、その悪玉菌をやつける働きをしてくれるのが、善玉菌です。 善玉菌は、悪玉菌の増加を抑え、腸内のバランスを整えてくれます。 そして、腸を若くきれいに保つ役目をしてくれるのです。
では、どうやったら、善玉菌を増やす事ができるんでしょう。

まず、手っとり早いのは、善玉菌を増やす働きをする食べ物を食べる事です。 その食べ物とは、発酵食品です。

発酵食品は善玉菌のエネルギーとなるからです。 発酵食品の代表的なものとして、ヨーグルト、納豆、味噌など、たくさんあります。 毎日、食べられるものばかりです。 これらを積極的に食べていく事で、善玉菌を増やす事ができます。

imasia_4183761_M

逆に、善玉菌を減らしてしまう食べ物もあります。 それは、揚げ物などの油を使った料理です。 油は酸化してしまうと、悪玉菌の元となってしまいます。 悪玉菌が増えると善玉菌は少なくなってしまうので、 油ものは控えた方が良いでしょう。

それから、食べ物の温度も大切です。 温かいものを食べると腸は温まります。 温まると、善玉菌の活動は活発になります。 逆に腸が冷えてしまうと、悪玉菌の活動が活発になってしまうので、 なるべく、冷たいものも控えた方がいいと言えます。 腸の調子を整えるためには、お腹を冷やさないようにした方がいいと言いますが、 しっかりとした科学的な根拠があっての事なんです。

 

そして、食べ物以外で善玉菌を増やす方法です。 ストレスをため込まないようにするということです。 ストレスは、自律神経の不調から腸の動きが鈍くなり、 悪玉菌を増やしてしまいます。 ですから、出来るだけストレスはためない生活をすることが、 善玉菌を増やすことにつながります。

このように、善玉菌を増やす事が腸内環境を良くする事につながっていきます。 腸は、健康の要とも言われています。 腸が元気だと便秘にならないのは、もちろんですが、 健康な体も作る事ができます。 ぜひ、善玉菌を増やして、きれいな腸をめざしてください。