腸の膨張が血管や神経にストレスを与える

辛い便秘に耐え兼ねて日々を鬱々と暮らしているのに、そこへ更に厄介な腰痛を併発することがあります。便秘だけでも相当辛いのに、何故と頭を抱えている人も多いようです。しかし、じつは便秘と腰痛はセットと考えてもよさそうです。便秘による様々な症状が、腰にもダメージを与えているからです。

便秘で腰が痛くなる時の、一番ありがちな原因は、腸の膨張によって周辺の血管や神経が押されてしまうことによる、ストレスです。便が膨らむことで、圧迫された血管や神経が腰痛になっているのです。

初期の便秘であれば、そのようなこともありませんが、慢性化した便秘だと便自体が長く腸内に留まるので、徐々に腸の周辺の血管や神経にも影響が出てしまうのです。この場合の腰痛は便秘が解消されれば、自然と治ってしまいます。便秘の度に、腰痛を感じるのであれば、こうした可能性が考えられます。

慢性化した便秘は腸自体を痛めます。膨張を続けて、引っ張られた状態の腸はストレスにさらされ続けていますから、なるべく早く便秘解消に向けて対策を練った方がいいでしょう。

便秘になると血液が汚れてしまうので痛みが出る

便秘になると、腸の中に長く滞留し続けた便のせいで悪玉菌が腸内を席捲していきます。と同時に、血流も悪くなります。悪玉菌が腸内の腐敗発酵を促進する一方で、血行不順により腰痛は悪化の一路を辿るのです。

悪玉菌のせいで腐敗発酵した腸内は、有害物質を出しながら血液中に流れていくことになります。アンモニアなどの尿毒素が体を巡るので、血液が汚れてしまうと、血流がドロドロになり結果血行不良で腰痛が激化します。

血液の流れが悪くなり、血液が汚れ始めた時に腰痛は表面化してしまうと考えられます。この有害物質は、発がん性のある危険なものです。腰痛というようなものでは、今後済まなくなるかもしれませんから、一刻も早く便秘解消につとめてほしいところです。

血液に有害物質が流れ込むと、体臭や口臭にも大きな変化が出てきます。便臭のようなものが皮膚を通して出てしまうので、衛生的にも精神的にもあまり良い状態ではありません。

猫背や骨盤の歪みでも腰痛は起こり得る

デスクワークの人に便秘は多いと言われています。そして便秘同様に腰痛も多いのが特徴です。本来なら、便秘と腰痛は別物ということで切り離されて考えられてきました。しかしデスクワークの人の便秘と腰痛は連動しているかもしれません。実は、この両方をいっぺんに治すのには猫背や骨盤を矯正するのが良いのです。

まず猫背の姿勢は腹部を圧迫してしまいますし、血流も悪くしてしまいます。腹筋も弱くなるので、便秘の際に排便するのに力が入らないということも多くなります。そして骨盤が後傾していると、股関節を圧迫します。すると内蔵を圧迫して、その働きを阻害してしまうのです。こうした症状は便秘だけではなく同時に腰痛をも引き起こします。

ここでも血流と圧迫というキーワードが出てきましたが、猫背と骨盤の歪みが神経や内蔵に負担をかけて、腰痛も併発していたのです。

骨盤の歪みなどは、整体などで施術してもらうと簡単に戻りますから、こうした整体医院に行くのも便秘と腰痛を解消する、ひとつの手立てです。猫背に関しても腹筋を鍛えて行くことで、猫背を改善できます。背もたれのない椅子に座り姿勢を正す、訓練をしていくことで血流も良くなり臓器を圧迫させてしまうこともなくなるはずです。腹筋を鍛えることで、腰痛も自然と治癒できるでしょう。便秘による腸腰筋の緊張により腰痛が起こる場合も

腸腰筋とは、腸の後ろ側に位置している筋肉です。腰椎と太腿をつなぐ筋肉です。腸と腸腰筋は相互に影響を与え合っている筋肉なので、便秘になると周辺の筋肉も緊張して硬くなってしまいます。便秘のために腸腰筋も痛みを感じるようになります。すると、腰痛を感じるというわけです。ここに腰痛を感じているといざ、便意があったときに、腸腰筋を使うことが困難なので、益々便秘が続く事になりますし、便秘が続けば腸腰筋の緊張も続くことになるので、永遠に便秘と腰痛を感じなくてはいけません。

入浴時に筋肉を温めて、よくほぐし緊張を和らげてあげると、腰痛が収まります。基本的に便秘を治すことが、腸腰筋を痛まなくするので、規則正しい生活の中で便秘を改善させて行き、片方では腸腰筋のケアをしていきましょう。

便秘にならない努力が腰痛をなくしていく

便秘と腰痛が密接な関係にあることは、良くわかりましたが、実際にどのように予防したらいいのかわからない人もいるかもしれません。しかし、一番重要なのはやはり便秘を解消していくことではないかと思います。腰痛は便秘がもたらす副産物なのですから、便秘になる体質を見つめ直して、行動に移すことで腰痛も緩和していきます。ストレスを感じる生活も便秘には大敵です。腰痛に心を囚われて悩みすぎないのも、大切なことです。