糖尿病とはなんだろう?

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。体を動かすためのブドウ糖が血液を通り体の細胞に運ばれて行き、筋肉や臓器に使われるのが通常ですが、それがうまく運ばれずに血液の中で溢れてしまう病気なのです。原因はインスリンというホルモンが減少することにより、細胞に作用しなくなるからです。インスリンは、体の中で血糖値を下げることが
出来る、たったひとつのホルモンです。食後に血糖値が上がらないように調節する働きがあります。また、血液の中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギーに変えたりもします。糖尿病には幾つかのタイプがありますが日本人の95%が2型の糖尿病です。食事や生活習慣が引き金でインスリンの量が減少したり、ブドウ糖を体にうまく取り入れられなくなって発症します。

糖尿病は疑いの人も含めると、2,210万人もいると推定されています。そして年間にじつに1万4千人もの人が糖尿病で死亡しています。とても恐ろしい病気です。糖尿病の合併症である腎臓障害など、重い症状に苦しむ事になるので、速い治療が肝要です。

こうした糖尿病は、糖尿病が原因で便秘になることもあります。ただの便秘ではないので気に病むところですが、正しい知識で不安を取り除きましょう。

食事制限が便秘の原因

糖尿病になると、病院から厳しい食事制限を強いられます。糖尿病を悪化させないために、細かい食物の摂取量を管理されてしまうのです。これは治療のためには欠かせないことなので、致し方のないことですが健康な便を作るには、ある程度の食事量がないと作れません。糖尿病患者なの中には、こうした治療の一環としての食事制限がもとで
便秘になる人も多いのです。

便秘を治すには食べなくてはいけませんが、糖尿病の場合は医師に相談し便秘の症状があることを伝えてください。勝手な独断で、便秘解消を優先して、食べ物を摂取するのは、厳禁です。

糖尿病性神経障害で便秘になっているおそれも

糖尿病性神経障害とは糖尿病の3大合併症のひとつです。他には糖尿病性網膜症と糖尿病性腎症があります。糖尿病性神経障害は末梢神経が高血糖により、働きが著しく低下してしまいます。手足のしびれなどが感じますので、3大合併症の中ではわかりやすいのが特徴になります。手足のしびれの他にも、便秘などがあります。糖尿病が原因の便秘は実は多いのです。

糖尿病性神経障害になると、自律神経にも異常がきたします。便が腸内に滞留するようになり、慢性便秘の様相を呈します。便秘や下痢が交互にやってくる痙攣性便秘にもなりやすいので、注意しましょう。糖尿病は自律神経の働きを阻害します。それで、大腸の動きを止めてしまうのです。

一見して普通の便秘と間違うような症状なので、自分が糖尿病だとは気づかないでいる場合もあります。すでに糖尿病だと診断されているのなら自分は糖尿病性神経障害から、自律神経に異常が起きているのだなと理解できますが、そうでない場合はただの便秘と甘く見てしまいがちなので、もしかして自分は糖尿病なのかな?と疑念が湧いたら、検査してみましょう。その便秘はもしかしたら、糖尿病の合併症なのかもしれません。

低カロリーな食物繊維摂取で便秘を予防!

自律神経がうまく作用しなくなる糖尿病ですから、便秘とは切っても切れない関係になります。長い付き合いを覚悟してください。その為にも、便秘を解消するために、毎日の生活に創意工夫を取り入れなくてはいけません。ただ漫然として時間を過ごせば、糖尿病は益々悪化してしまいます。糖尿病性神経障害の怖いところは末梢神経を使い物にならないようにしてしまうので、最後は感覚のない手足が壊死してしまうこともあるのです。糖尿病が原因で足や手を切断しなくてはならない人もいます。それは脅しすぎだと言われるかもしれませんが、糖尿病とはそのように厳しいものだということを理解してください。

しかし安心してください。食物繊維を毎日食べることで、便秘は解消します。また食物繊維が豊富な野菜や海藻はカロリーが少ないので、食事制限の枠内には入りません。とくに硬めの野菜や玄米は硬いので、ゆっくりと食べなくてはいけないので、血糖値が上がるのを抑えます。また食物繊維は腸内を元気にしてくれます。排便しやすいように、腸の蠕動運動を促してくれるので毎日食物繊維を摂取すると、便秘にも変化が現れてくることでしょう。地道な一歩が便秘からの解放を現実のものにします。糖尿病の厳しい治療で食事制限の苦しさに投げやりになることもあるでしょうが、食物繊維豊富な野菜の天然の甘味を知れば、それもまた楽しいものです。
関連ページ:便秘解消には食物繊維を摂取することが原則

食事制限の後に、糖尿病が治ったかのように血糖値が正常値に戻ることも多いと専門家は言います。糖尿病が治らないというのは、常識ですが通常の生活に戻るまでには、食事療法で改善可能です。便秘もおのずと解消されることでしょう。希望を持って行きましょう。