便秘になると汗や皮脂から有害物質が出る

自分の汗を拭った時に、ベタッとした不快な汗だと思った事はありませんか?その時、その汗のニオイを嗅いでみてください。もしかしたらものすごく臭かったのではないでしょうか?

ただの加齢臭などと済まさないでください。そのような、自虐的に自分を嘲笑するのはお門違いもいいところです。そのニオイは便秘から来ているのかもしれません。

imasia_15181085_M

もしそうだとしたら、体の皮脂も臭いはずです。自分の体臭を確認してみてください。例えば、顔の油分などあぶらとり紙で拭いてみてニオイを確認しましょう。臭いのではないですか?例えばドブのような独特の腐敗臭かもしれませんし、乳製品の腐ったようなニオイかもしれません。

驚愕するのはまだ早いです。何故なら、そのニオイは自分だけが感じているのではなく、既に多くの人が気づいているかもしれないからです。自分では意外とそのニオイに鈍感なものなのです。

このニオイの元は、腸にあります。便秘で便が長い間、腸内に滞ると便は悪玉菌の作用により腐敗が進みます。腐敗が進むと行き場のない便はそのまま有害物質を出し続けます。この有害物質は発がん性物質も含まれます。そして腸壁から吸収されて、全身の血液に乗りながら循環していくのです。

皮膚の毛穴から、汗や皮脂として有害物質が出るようになっているのです。この有害物質は言わば、腸内に滞留する腐った便の分身です。便の成分が体臭としてにおっているのです。

いくら体を清潔に洗っても、この有害物質は便秘が改善しない以上ずっと出続けるので、体臭が改善することはありません。便秘も末期になると便臭そのものという体臭に変化します。非常に由々しき状況です。

便秘を治せば体臭が消える

しかし、案ずることはありません。要は便秘を治してしまえばその体臭から解放されるのです。解放されたければ、早急に便秘を治してしまいたいものですね。腸内環境が安定して、善玉菌が増えれば腸内は綺麗になります。腸内フローラと言って、あたかも花畑のように善玉菌が咲き乱れる様が腸内を彩るのです。

この善玉菌を増やすには、まず便秘を解消しなくてはいけません。もしカチコチになってにっちもさっちも行かない便秘であれば、緊急事態なので浣腸や座薬を用いて排便しましょう。そして全ての腐敗した便は排出された後は、水分を摂取して腸内にも水分が行き渡るようにします。

便秘が解消された時が、改めて腸内環境を変革するための、善玉菌と悪玉菌との戦いですから、積極的に乳酸菌を摂取して善玉菌を増やしたり、食物繊維で腸内を掃除しましょう。頑固な便秘を強制的に輩出した後は、まだ悪玉菌が優勢なので、毎日善玉菌を増やす努力をしなくてはいけないのです。本来善玉菌は腸内で15%ほどしかいません。逆に悪玉菌は10%です。

残りの75%は日和見菌といい優勢な方に付く菌なのです。日和見菌が悪玉菌に加勢しないように、毎日腸活に励むしかありません。一定の期間、この努力が実践されればある日徐に善玉菌が爆発的に増えることになります。日和見菌が、悪玉菌を見限り善玉菌に加勢したことの証です。

こうなれば、便秘は解消し体臭も面白いくらいに消えているはずです。体臭がキツくなるのは、とても嫌なことですが、体の発している危険信号なのだと思えば、有難い気もしますね。もしまた体臭が強くなったら腸内の便秘が悪化しているのを告げ知らせてくれているのかもしれません。

体臭チェックポイント

便秘が原因の体臭が現れやすい部分はいくつもありますが、その中でも特に出やすいところがあります。この部分を押さえれば、現状の自分をセルフチェックできますので、活用してください。

1・頭皮

imasia_7890624_M

皮脂腺が一番多くあるのが、じつは頭皮なのです。蒸れやすくニオイを感じやすい場所です。ここからドブ臭い・チーズ臭・便臭などしたら危険です。便秘になっていないか自分を見つめ直す時です。

2・鼻の横
汗や油が溜まりやすいのが鼻の横です。ここを擦ってニオイを嗅ぐと現状の自分の腸内環境がよくわかります。

3・耳の後ろ
盲点ですが、洗いにくい場所なので、皮脂が溜まりやすいので、ニオイがキツイ場所です。便秘の時には有害物質のせいで、耳周辺から体臭が出ますので顔全体が臭いように感じてしまいます。

4・脇

imasia_7729481_M

ワキガになっていないか確認しましょう。便秘による体臭の場合はニオイがキツく腐敗した玉ねぎのようなニオイがすることもあります。一番のデオドラントは、便秘を解消させることです。

5・うなじ
首の後ろも、ニオイが出やすいので注意です。洗いにくく、汗をかきやすいので有害物質が出ていると襟元が黄ばむように汚れます。体臭以前に不潔になりやすい場所なので洗浄しましょう。