便秘を解消する為の食べ物

便秘と食べ物は密接です。食べた物が消化されて分解されて便になるからです。腸に良いものを食べ物を取り入れていけば、自然と便秘は解消します。しかし悪いものを取り入れていくと、便秘は悪化していきます。

では、何を食べるのがベストなのでしょうか。便秘解消の手がかりになる食べ物を紹介します。

・バナナ

imasia_2366580_M
バナナはオリゴ糖を含んでいます。オリゴ糖は善玉菌の餌になります。またバナナのでんぷん質は、小腸で消化されずに大腸に届きます。そこで有機酸に変化して、悪玉菌の活動を抑止したり善玉菌を増やすために活躍します。

バナナは腸内環境を考えたときに、外せない果物です。加工されても美味しいのですが、生のままの食物繊維が豊富なバナナを食べることで、便秘解消の一翼を担うのです。是非、生のまま食べて欲しい食べ物です。

・リンゴ

imasia_12434981_M
リンゴに含まれるアップルペクチンは、腸内環境を整える事で注目されています。嬉しいのは、アップルペクチンは熱に強いので、リンゴ煮や、焼きリンゴなどを作っても破壊されずに腸に届くことです。リンゴの皮に多く含まれているので、生で食べる場合は皮ごとすりおろした方がいいでしょう。便秘の体を優しく労わるようなリンゴの甘味と酸味が、老若男女問わず受け入れやすいのが魅力な食べ物です。

・ヨーグルト

imasia_3296566_M
乳酸菌の宝庫であるヨーグルトは、デザートしても人気の高い食べ物です。腸内で善玉菌を助けて、悪玉菌を滅することに尽力してくれる多くの乳酸菌を含んでいますので、便秘になったら必ず1度は食べて欲しいと思います。栄養価も高いので、免疫力が落ちているときなどにも好まれます。ヨーグルトを毎日食べれば便秘に悩む事が圧倒的に少なくなるかもしれません。
関連ページ:便秘改善の定番といえばヨーグルト

・プルーン

SONY DSC
プルーンにはソルビトールという、大腸の水分吸収を阻止する成分を含んでいます。大腸が水分を吸収しないことで、便が硬くなり腸に留まるのを防ぐ役割をしてくれるので、便秘のときにはヨーグルトに並んで重宝される果物です。

生よりも干したプルーンの方が、更に効き目が高くヨーグルトに混ぜて食べることで、美味しさもアップします。鉄分も含んでいますので、生理から便秘になっている人には、便秘だけではなく貧血防止にも役立つのが嬉しい作用です。
関連ページ:美味しいプルーンで便秘を治しましょう

・納豆

imasia_4183761_M
納豆は日本を代表する発酵食品です。発酵食品は、腸内環境を整えてくれる整腸作用が期待できる食品です。食べにくさを感じる場合は、ほかのものと合わせてみるといいかもしれません。特に納豆は根強い愛好者もいれば、ニオイのキツさから、嫌う人も多いのが残念なことです。オリゴ糖やリノール酸が納豆には含まれており、積極的に腸の中を掃除してくれるので、毎日でも食べて欲しい食べ物です。

・オリーブオイル

imasia_11049124_M
オリーブオイルの主成分は、大腸まですんなり届くオイレン酸です。このオイレン酸が、硬くなった便を柔らかくしてくれて、大腸自体を滑りやすくしてくれるのです。また大腸を刺激しますので、蠕動運動を促す作用もあります。ヨーロッパの人々は自然の下剤として、紀元前から愛飲しています。良質なオリーブオイルはそのままスプーンですくい飲んでも美味しく頂けます。料理にもサラダ油の代わりに、オリーブオイルを使うと、味に深みが出ますので常用したいですね。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

便秘の時には避けたい食べ物

便秘に良い食べ物がある一方で、便秘の時には避けたい食べ物や便秘予防の為に食べるべきではない、食べ物も存在します。せめて、便通が悪い時には積極的に食べることは控えたほうが良い食べ物を紹介します。

・肉類
肉類の主成分はタンパク質です。タンパク質の中でも、動物性タンパク質は悪玉菌の餌になります。悪玉菌が好むのが、動物性タンパク質なのです。運動量が多い人には、筋肉を作る動物性タンパク質は欠かせないものですが普通に生活している人たちには、過剰摂取は危険だと認識してください。

imasia_15207760_M

悪玉菌が増えると、腐敗物質が腸内に充満してしまいます。便秘の温床になってしまうのです。また肉類は消化に多大なエネルギーを必要とします。しかし新陳代謝の悪い人は、いつまでも肉類を消化吸収できません。すると、便秘が悪化して、慢性便秘になってしまいます。肉類を食べるなとは言いませんが、過剰に食べるのは腸の負担を考えると賛成できません。

・柿

imasia_5800095_M
秋に食べたくなる柿ですが、便秘にはよくありません。柿にはギブオールという、タンニン成分が含まれています。このギブオールは、腸の粘膜に膜を作るので、腸への蠕動運動が弱まるのです。タンニン自体が下痢止めの生薬として、使用されていますのでタンニン成分のギブオールが多く含まれた柿は控えるべきでしょう。

しかし、干し柿などは、幾分緩和されるので適量なら食べても大丈夫です。干し柿にするとビタミンも成分に追加されますので、便秘に効果のある食べ物になります。

imasia_1436672_M

食べ物と一緒に水分を摂取するのが原則

ここでひとつ注意したいのが、便秘を解消するのに適した食べ物を摂取する際にも、必ず水分補給は怠らないでほしいということです。例えばリンゴなどの果物は、水分量が多いので水なしでも良いと思うかもしれませんが、水分は食べ物だけでは補えません。

水分が枯渇すると、体は便秘へと舵取りの方向を変更してしまいます。いつも水分を摂取しておくことで腸内に溜まった便を柔らかくすることができます。面倒でも、食事の最中も傍らには水分を置いておきましょう。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら