日常生活で非常に悩ましい問題として、多くの方が抱えているのが便秘とも言われています。 便秘は個人差もある事ながら、原因と性質というのはほぼ一緒ともされています。 便秘のメカニズムは、腸内に悪玉菌の増殖が善玉菌より上回ってしまう事で、腸内環境が荒れてしまい、 腸が思うように働かなくなってしまう事が主な原因とされています。 その便秘を誘発してしまうのが、生活習慣の乱れ、夜更かしやストレス、 バランスの良い食生活が出来ていない等が挙げられます。

特に気を付けたい所なのが、バランスの良い食生活です。 具体的にバランスの良い食生活って何?となる方が多い傾向があり、 栄養素の高い食品を積極的に摂取する事で解消される、と思われている事でしょう。

食物繊維は二種類

では、バランスの良い食生活とは?簡単に言うと、食物繊維の摂取する事がバランスの良い食生活となってきます。食物繊維には、大きく分けて二種類の食物繊維が存在します。

水溶性食物繊維

一つは水溶性食物繊維、これは水に溶ける食物繊維の事で、有名な所で言うと青汁、ゼリー上に加工した緑茶等が挙げられます。しかし、水溶性食物繊維は腸内環境を整える効果は乏しく、 ダイエット等で使用される事が多い食物繊維とされています。

不水溶性食物繊維

そしてもう一つが不水溶性食物繊維、一般的に食卓に並ぶ野菜の事を指します。社会人、忙しい方は不足しがちな栄養素の代表と言っても良いでしょう。この二種類の食物繊維をバランス良く摂取する事で便秘の解消の効果をもたらす事が出来ます。 効果的な摂取方法としては、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維、同じ量を一日に摂取するのではなく、水溶性が1、不水溶性が2というバランスで摂る事で腸内環境を整え、腸の働きを促して便秘を解消する事が出来ます。

しかし、ここで気を付けておきたいのがただ摂ればいいというわけではなく、一般的に一日に平均25gとされていて、これ以上摂取してしまうと腸の働きを助ける所か腸内で痙攣を起こしてしまう、逆に体調が悪くなってしまう、なんてことも考えられます。 摂取量に注意して、二種類の食物繊維をバランス良く摂取する事で効果的に腸内環境を整え、便秘を解消する事が出来ます。

食物繊維が多い食品は具体的に何があるのか

お通じに関する問題を解決したいと思うなら、食物繊維などは重要です。それを含む食品などは、お腹の中を掃除してくれる効果が高いからです。便秘などでお悩みの時には、繊維が多い食品を摂取するよう心がけると良いでしょう。

キノコ類

では具体的には何に多く含まれるかと言うと、例えばキノコ類が挙げられます。

エノキ

中でもエノキなどは、おすすめの食品の1つです。100グラムあたり4グラム程度の繊維類が含まれますので、それだけお通じ改善の効果も期待できます。

エリンギ

またエノキだけでなく、エリンギなどもおすすめの食材の1つです。 ちなみにそれは、100グラムにつき約4.3グラムほど繊維が含まれています。

アボガド

キノコ類だけではありません。アボガドにも、かなり多くの食物繊維が入っているのです。上記のキノコよりもかなり多めで、100グラムにつき5.3グラムほど含まれています。ただしアボガドは、カロリー値なども比較的高めな食材です。食べ過ぎれば脂肪類が増加するとも見込まれるので、適量が望ましいでしょう。

ごぼう

またごぼうの中にも、相当多くの食物繊維が入っています。同じく100グラムにつき、6グラムほど入っているからです。ただし100グラムを食べる為には、実にごぼう半分ほどの量になります。ボリュームが多いので、少し労力が必要でしょう。

おから

また、おからも多く繊維類が含まれています。実に11グラムほどの製品が入っていますから、相当多く繊維が摂取できる事は、ほぼ間違いありません。

豆類

それと豆類ですね。豆と言っても色々ですが、大豆や小豆などは多く含まれているのです。後者の食材などは、実に18グラムほど含んでいるからです。

干し柿

そして食物繊維が最も多いのは、実は干し柿です。上述のどの食材と比べても、繊維類が一番多いです。その柿を2つ食べれば、1日の目標摂取量は十分にクリアできるのです。

このような状況を見ますと、主に野菜類や果物の中に、多くの食物繊維が含まれている事が分かります。日本食で特に多く用いられている大豆などを積極摂取すると良いでしょう。

野菜等の食べ物以外で食物繊維を摂取する方法

現実問題として、野菜だけで食物繊維を摂ろうとすると結構大変です。そこで紹介したいのが、難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンで食物繊維を摂取する

では、具体的にどういう食物繊維を摂取するのが良いのかというと、それは難消化性デキストリンという食物繊維を摂取すれば便秘を解消できるようになります。これの良いのは普通なら食物繊維を摂取しようと思った時は野菜を食べるしかないですが、この難消化性デキストリンという食物繊維なら別に野菜を食べなくても摂取しようと思えば、簡単に摂取できるのが良いです。

難消性デキストリンが入った飲料水を飲む

具体的にどういう風にして摂取できるのかというと、一番簡単に摂取できるのは難消性デキストリンが入った飲料水を飲むのが良いです。これなら無理に野菜を食べなくても、簡単に便秘を解消するために必要な食物繊維を摂取できるようになります。ですから、これまで便秘でかなり悩んでいたという方は、ぜひ一度は難消化性デキストリンという食物繊維が入った飲料水を飲んでみる事をおすすめします。

それで多くの方はきっと思った以上に簡単に便秘を解消できて良かったと感じると思います。実際に私はこの難消化性デキストリンという食物繊維を摂取したおかげで簡単に便秘を解消できました。なのでこれまでかなり便秘で悩んできたという方で、まだ難消化性デキストリンを摂取した事がないという人は、ぜひ一度はこれを摂取される事をおすすめします。

難消化性デキストリンの注意点

それで多くのは私と同じように思った以上に簡単に便秘が解消できて喜ぶと思います。ただ、この難消化性デキストリンも少し注意すべき事があります。それはいくら便秘の解消のためとは言っても、あまり飲みすぎては逆に必要以上にお腹を下す事になりかねないです。ですから、便秘を解消できる程度にこの食物繊維を摂取すると良いです。

食物繊維をとりすぎで起こるトラブルに注意

便秘には食物繊維!これは誰でも知っているお話しですね。でも、どうして食物繊維をとると便秘の解消に良いのでしょうか。それは食物繊維は、便のカサを増やしたり便を柔らかくする作用があるうえに、腸を刺激する事で腸の動きを活発にして便を出しやすくしてくれるんです。だから食物繊維は、便意があるのに便が硬くてスムーズな排便が出来ない人や、そもそも便意が起こらないなんていう人にも効果的なんですね。

しかし、便秘を解消するために食物繊維をとりすぎると大変な目にあう事もあります。例えば、食物繊維をとりずきると逆にお腹がはって苦しくなったり、一方で下痢を引き起こしたりする事があるのです。さらには、食物繊維のとりすぎると栄養吸収の妨げになるケースさえあるんですよ。

不溶性食物繊維の摂りすぎに気をつける

こうした食物繊維のとりすぎで問題となるのは、水溶性食物繊維ではなくほとんどが不溶性食物繊維となります。不溶性食物繊維は、ごぼうなどの根菜類やインゲン豆、おからなどの大豆類に多く含まれています。こうした不溶性食物繊維をとりすぎてしまうと、便のかさが増えてお腹が張ったり、腸に過剰な刺激を与えて腹痛が起きてしまうのです。

また食物繊維はとても消化に時間がかかる成分なんですね。そのため空腹感が紛れるなどのメリットもあるのですが、デメリットとしてとりすぎると消化しきれていない食物繊維が大量に腸に長く居座る事によって発酵してしまいます。それがなんとガスを発生させてしまうんです。このせいでおならが何回も出たり、もしくはガスが腸内で溜まりお腹がはるといった現象が起きます。そのため、食物繊維の中でも不溶性食物繊維のとりすぎには注意しなければいけませんね。

水溶性食物繊維の摂り過ぎると

もちろん不溶性食物繊維だけではなく、水溶性食物繊維のとりすぎも栄養素の吸収を妨げるなどのデメリットがあります。

便秘の解消に役立つ食物繊維といえども、何事もほどほどにしなくてはいけませんね。食物繊維を適度にとっても便秘が解消されない場合は、他に便秘の原因が隠されていることがありますよ。食物繊維をとりすぎる前に、他の対策を行ってみましょう。

食物繊維を取っておならが出やすくなる原因とは

サツマイモを食べるとおならが出やすくなる、というのは昔から漫画で描かれていたり、ある意味一般的な常識として私たち現代人に認識されていることです。

サツマイモを例に

その具体的な原因は、サツマイモに含まれる不溶性食物繊維が挙げられます。不溶性食物繊維は、水に溶け辛いという性質があり、胃から腸まで殆ど消化されること無く到達します。

それに、水分を含みやすいという性質もあるために、不溶性食物繊維は腸にまで来るとお腹の中に溜まります。そして、おならは腸の中で腐敗した食べ物が出しているガスそのものです。つまり、不溶性食物繊維はお腹の中に溜まっているために腐敗し易く、そのためにガスが発生しておならとして体外に排出されるのです。ですので、サツマイモを食べておならが出やすくなるのは、サツマイモの不溶性食物繊維がお腹の中でガスを発生させるからと言えるのです。

もちろん、これ以外の不溶性食物繊維が含まれた食品でも同様の効果を得ることができます。もちろん、ガスが発生し易くなったり、水分を含んでお腹の中を圧迫すると、排泄するためのサインが体に出やすくなり、お通じが良くなるとも言えます。ですので、おならが出やすくなるのは比較的良い効果が体の中で現れている証拠なのです。けれど、中にはおならは出るものの、便秘は全然解消しないということもあるでしょう。そのような場合は便が硬くなってしまっているからです。

水溶性食物繊維を摂取して便を柔らかく

実は不溶性食物繊維だけでは硬くなった便を柔らかくすることができず、場合によっては便秘を悪化させてしまうこともあるので、おならが出やすくなったからと言って、便秘が快方に向かっているという訳ではないのです。もしも、そのようなケースに当たってしまったら、今度は水分に溶けやすい水溶性食物繊維の含まれた食品を取るようにするといいでしょう。 おならが出るので、腸内の活動は十分に行われているので、後は便を柔らかくすればいいだけです。そして、その便を柔らかくする効果があるのが、水溶性食物繊維ですので、海藻類などを食べて積極的に摂取することをおすすめします。