はじめに

生きていく上で食事は欠かせないものです。しかし間違った食事方法やかたよったものばかり食べていたら、便秘になってしまいます。腸内はデリケートに出来ているので、ほんの少しの食事の変化にも過敏です。正しい食事方法と、食事内容に留意すれば、便秘にはならないのです。

日々の生活の中で、便秘に密接に関わる食事に変化を持たせてみるだけで劇的に便秘は解消されます。さわやかな毎日をおくるために、腸活に勤しみたいものです。

朝ごはんを食べるのが基本

1日の始まりの、朝食ですが便秘の人はやはり、朝を抜かない方が良いでしょう。朝食を食べると、逆に太りやすいとか大脳に血液を集める時間を阻害するという説も有りますが、便秘に限っては朝の食事をするかしないかで、随分腸の中の活動も変化していきます。停滞している腸内の活動を促進して、活発化させるためにも食事が不可欠です。

その為にはなるべく早起きをして、朝食を食べて欲しいと思います。食べてすぐには便意は起きないので、出社や登校1時間前には朝食を食べてください。すると、1時間後には便意が起きてくるはずです。

じつは腸には大蠕動運動時間というものがあり、便意を強烈に感じやすいのが、この朝の時間なのです。だからこそ朝の食事が必要なのです。

食事には海藻類!おやつには果物や蒟蒻ゼリー

食事の中に積極的に取り入れて欲しいのが、水溶性食物繊維です。この水溶性食物繊維が含まれた食物は、腸の中で便を潤かす効果があるのです。水分を含んだ便は、排泄の際に非常にスムーズで、ストレスを与えませんので、朝昼晩の3食にキチッと取り入れたいものです。

具体的にどのような食物に、水溶性食物繊維が入っているのかと言うとおもに海藻類や蒟蒻や果物に含まれています。昆布やワカメやメカブなどを毎日食べて善玉菌を増やして行きましょう。おやつの時には、果物を積極的に摂取したり、手軽に持ち運びのできる蒟蒻ゼリーなどを食べてみましょう。

食べ物に変化を持たせるだけで、便秘解消に近づいていけます。半ば諦めていた人も、食事に注意を払うと見えてくる世界も変化します。

発酵食品が便秘を解消

なんといっても便秘には発酵食品が良いでしょう。善玉菌を増やす乳糖が豊富に含まれているからです。この発酵食品は、日本では昔から食べられてきた、納豆や味噌や漬物などに含まれています。昔ながらの食事を心がけると、便秘はたちどころに解消していきます。

日本を代表するアスリートたちが、海外遠征などに必ず持っていくと言われているのも、こうした味噌や漬物が多いそうです。環境変化で成績も変わってしまうので、食べ物には人一倍気を使うのでしょう。

腸は環境変化に敏感なので、食べ物の急激な変化でも便秘を引き起こします。発酵食品なら日持ちしますので、一時的に環境が変化する際にはこうした味噌などは持って行っても邪魔にはならないはずです。

まとめ

どうしても、時間の関係で、朝食が取れない場合は、水を飲んでから会社や学校に行くと違います。便秘は朝が肝なので、なるべく食事をして大蠕動運動に乗っていって欲しいのですが、無理なら水を飲むだけでも便意が起こります。食事と便秘の関係は密接なので、軽んずること
なく向き合ってほしいものです。