生理前に起きる便秘の原因

女性は生理前、生理中などに便秘になることがあります。毎月どうして便秘になるのか不思議かもしれませんが、女性特有の問題が体内で生じているからに他ありません。生理前の便秘は、月経前症候群と言われています。

生理になる14日~3日前までに起こる症状で、他にも下痢や頭痛などの症状を訴える人もいますが、とても多く報告されているのが、便秘の症状なのです。生理前は、黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンが曲者で、腸の動きを緩やかにしてしまうのです。その為、便意があってもなかなか便が直腸まで降りづらい状況になります。

黄体ホルモン自体は妊娠する可能性のある女性が、子宮収縮を頻繁に起こすと流産する可能性があるために、こうした状況を回避するために、働くのです。子宮と直腸は
近い位置にありますので、蠕動運動が起きると、子宮も緊張状態になり収縮してしまいます。蠕動運動が緩やかになるメカニズムはこうしたことから起きています。そのせいで、生理前生理中を通して、便秘に悩み翻弄される女性が多いのは悲しいことですね。

黄体ホルモンが活発化していると、便自体も硬くなりますので、常に水を摂取して便を柔らかくする努力をしましょう。こうするといざ便意が生じたときに、便が硬くて腸壁に密着し、降りてこないということもなくなります。生理が近づいてきたら、水分補給を積極的に行うようにしましょう。

生理中に起きる便秘の原因

生理中にも便秘が起こる人がいます。生理前は黄体ホルモンの影響が大きいのですが、生理中にも少なからず黄体ホルモンの影響があります。特に生理不順の女性は、黄体ホルモンが生理中も深く影響します。また、この生理中は古くなった子宮内膜を、血液と一緒に排出しますので、生理中というのは全身の血液量が不足してしまうのです。

全身の血液が減ると水分不足になりますから、便が硬くなりやすくなります。更に、血液の量が減ることで基礎代謝が下がってしまい、臓器そのものが動きづらくなるのです。体中の血液が減れば加えて、貧血にもなりますから、食欲不振にもなります。

食べなければ、便を作り出すことも、押し出しこともできませんので便秘になりやすくなります。生理中は、こうした血液減少がもたらす、諸症状によって腸も被害を被ることになってしまうのです。

生理中は体調不良からイライラが募ります。鉄分豊富なプルーンは貧血予防になりますし、便秘予防にも高い評価を得ています。こうした食べ物を意識して摂取しましょう。また、血液が減っているので疲れやすいはずです。無理をしないで、のんびり体を休めることも、便秘を解消する手がかりになります。ストレスから便秘はひどくなる傾向があるからです。生理の時には無理は禁物なのです。

病気が原因の便秘の場合

特に生理がひどく重い人というのは、何かしら婦人科系の病気を持っている事があります。そのせいで、便秘に拍車が掛かってしまうこともあります。ここであげる2つの病気は、便秘を併発しやすいので、心当たりがある場合は婦人科で診察してもらいましょう。

・子宮内膜症
子宮内膜症とは、子宮の中を覆っている粘膜が子宮以外にも出来てしまう病気です。生理痛もひどく、生理の時にはのたうちまわる程痛みを感じる事もあります。この子宮内膜症は腸に癒着することも多く、そうなると便秘の深刻な症状を引き起こします。生理の時に余りにも腹痛が酷かったり頑固な便秘に悩まされるようであれば、医療機関に行くことをお勧めします。

・子宮筋腫
子宮筋腫は子宮の筋肉層に腫瘍ができる病気です。この子宮筋腫が大きくなると直腸を圧迫しまうので、便秘になります。生理の時になると、子宮筋腫持ちは腹痛などの痛みを感じやすくなります。便秘も悪化してしまいます。良性の腫瘍とはいえ、大きくなると子宮を摘出することもあります。閉経後は自然治癒することもありますが、医師の適切な判断を仰ぐ必要のある病気です。

更年期まじかの生理中の便秘

女性は閉経近くになると、ホルモンのバランスが崩れます。すると生理も重くなったり軽くなったり、時期が大きくズレ込んだりと不都合が生じます。全てはホルモンバランスによるものなのですが、便秘もこの時期悪化してしまう事があります。

女性ホルモンが少なくなり、精神的にバランスを崩して行くと真っ先に症状が出てしまうのが、腸なのです。生理の際は、それでなくとも女性は気持ちが沈んだり、攻撃的になったりと落ち着きがなくなります。

そこに更年期の症状がプラスされると、思いもよらぬ体の変化を感じる事に戸惑うはずです。ストレスに弱い腸は便を出す事に消極的になってしまうのです。これは自律神経の副交感神経の乱れがそうさせています。生理になったら、気持ちをリラックスさせるように努力して、更年期による便秘を打開していきましょう。

閉経前は、生理の経血も多くなったり少なったりで不安な気持ちになります。体の水分も減少しますから、白湯などを飲んで体を温めて日々をゆっくり過ごしましょう。