今すぐ、おすすめのお通じサプリが知りたい方はこちら

便秘サプリメントで失敗しないために!正しいお通じサプリの選び方

便秘サプリメントは、ヨーグルトや乳酸菌飲料と比較すると不必要な糖質・脂質といった成分があまりなく、必要な成分に的を絞って取り入れられるので一押しです。

けれども便秘サプリメントを摂り入れたからといってみんながみんな効果を感じ取るという結果にはなりませんよね。

せっかく購入したのに効果が見られなかったら嫌だな…。といった心配を抱えつつサプリメントにトライする方も多いでしょう。

そこでサプリメントを選択する時に、商品そのものの品質は当たり前として、そもそも自分自身の便秘の種類と合ったテーマで作られたサプリをセレクトしているかが重要なキーポイントになってきます。

ここの部分、あんまり考えないで公式ウェブサイトを閲覧して深く考えずに買ってしまう人多くいますよね。

正直なところ、いくら厳選したところで、試してみても体質に合わない可能性はゼロすることはできません。

だけど、あなた自身の体質や便秘の具合に適したサプリメントからトライしていくことで、失敗の可能性を大幅ダウンさせることができてしまうんです。

不足分しているものを補ってくれるサプリメントを選ぼう!

それではサプリメントを選んでいきたいと思います。といっても、便秘サプリメントはたくさんあります。

サプリメントのタイプも何種類かに分類することができますが、その中でも当サイトとしておすすめできるサプリを1種類に絞ってお伝えしますね。

お通じにおすすめなのは乳酸菌サプリメント

これは主に善玉菌が足りないていない人にちょうど良いサプリメントです。何がしかの原因として腸内環境が悪くなり、悪玉菌が優位になっているために腸の機能が悪くなり、便秘に結び付いています。乳酸菌やオリゴ糖は、善玉菌のエサになって腸内環境を整える働きを見せるのです。

便秘を実感していうのであれば、たいてい腸内環境は悪い状態になっています。キッカケはストレスや水分不足であるとしても、便が溜まって有害なガスが発生することにより、悪玉菌が増加して腸内環境は正常でなくなり、ますます便秘に陥りやすくなる悪いサイクルが生まれるわけです。

乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントは、便秘に悩む人であるのならどんな人でもオススメというわけです。判断ができないならさしあたって乳酸菌を試してみる、というようなイメージです。

では、どの乳酸菌サプリを選択したら良いの?

いろいろな種類の乳酸菌が入っている
乳酸菌が多量に入っている

上記2つのポイントでサプリを選ぶと良いでしょう。乳酸菌には何百といったタイプがあって、どの菌が相応しいかは人によりまちまち。菌がからだに合わないのなら効果は現れにくくなってしまいます。数種類の乳酸菌を同時に体に取り入れることで、効果も出てきやすいですし、腸にも良いです。

また、乳酸菌の量が足りていなくて役に立ちませんでしたでは話になりません。種類の次は、1粒でどんだけ多くの乳酸菌が取り入れられるのかも指標にすると良いでしょう。
なおこういった条件で私自身がチョイスしたのは、乳酸菌革命です。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら

お通じで一番のおすすめサプリは「乳酸菌革命」

「乳酸菌革命」は1粒のなかに豊富な乳酸菌

便秘でお通じが悪くてずっと悩んでいるかたにとってはありがたいアイテムが乳酸菌サプリです。乳酸菌革命は改良を重ねて4代目を迎える人気のサプリです。

乳酸菌革命の特徴は乳酸菌の種類が豊富なことです。たくさんの乳酸菌を体内に届けて便秘などお通じの悩みの解消に繋げていきたいところですね。

腸内にはたくさんの種類の細菌がいるし、どの乳酸菌が合うかは人それぞれです。
乳酸菌を摂取するなら、たくさんの種類を取り入れるほうが効果的です。

ラクトバチルスブルガリクスやラクトバチルスカゼイなど話題の乳酸菌を豊富に使い、
さらにおなじみのビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌を配合してパワーアップしています。

乳酸菌革命に含まれているラクトバチルス属の乳酸菌はそれぞれ善玉菌を増やしたり、免疫力を高めてくれたりといった効果を持っています。

ビフィズス菌は強い殺菌力がありアレルギー症状を緩和してくれます。ラブレ菌は胃酸にも強い菌で感染症やがんを防いでくれる効果があります。カゼリ菌も生命力が強く日本人に相性のいい乳酸菌です。

【乳酸菌が腸まで生きて届いてくれるのがポイント】

乳酸菌革命のほかの特徴に有胞子乳酸菌を使っていることがあります。通常の乳酸菌はいくら食品などで食べても胃酸や胆汁で死滅してなかなか腸まで届いてくれません。

有胞子乳酸菌だから死滅せずに腸内まで届いてその役割を発揮してくれます。さらに乳酸菌革命は耐酸性カプセルを採用しています。胃酸にも溶けずに生きたまま腸までたくさんの乳酸菌を届けてくれます。

このサプリ1日に2粒飲むだけで腸内の環境を改善して便秘だったお通じをよくしてくれます。

乳酸菌革命を飲みだして1週間くらいたったらお通じが劇的に良くなってすっきりした毎日を過ごせている、おなかが張った感じがなくなり快適になったという声が多いです。

乳酸菌革命は今までよりも効果が高くなっているのに値段はそのままです。通常は2,880円しますが定期コースにしておけば20%オフの2,730円で購入できます。割引はずっと続くし、送料も無料です。さらにプーアル茶10日分をプレゼントつきです。定期コースはいつでも止められるのでこの点も安心です。

乳酸菌革命をお得に買うには

公式サイトと楽天で値段・送料などを比べてみました。

乳酸菌革命公式ページ:2880円(消費税込み)+送料120円
*別途特典あり

楽天:3066円(消費税込み)+送料185円~

公式サイトでサプリを購入するのが断然お得です。


乳酸菌革命 公式サイトはこちら

ドラッグストアで売っている便秘サプリの効果は?

「ドラッグストアで販売されている便秘解消サプリメントは効果があるのか?」といった疑問を持つ人はいます。簡単に店舗に出向いて手に入れること出来て、通販にて販売されているサプリメントよりもわりと安価なところがドラッグストアの品物のいいところです。

内服薬ではなく、あくまでもサプリメントなので必ず効果があるとは断言できないわけですが、ドラッグストアで陳列している普通の製品の中にも整腸効果が見込める成分は入っています。

けれども、便秘の解消に着目したサプリメントのバリエーションが多くなく、要らない添加物が入っているサプリメントが多いのであまりオススメはできません。通信販売のほうが幾つものサプリの中から比べてチョイスできますし、何よりも便秘解消することを目的にうまく手伝ってくれるサプリメントが多いのです。

気軽にサプリを手にできるという点では、ドラッグストアで販売されているサプリメントを試してみるのは悪くはないと思います。

しかし、サプリメントの バリエーションがすごく少ないだけではなく、「お試しセットがない」「返金保証がない」というマイナスポイントがあります。

通販のサプリは2~3日程度だけお試しができるお試しセットや、一定期間の内に返品することにより払った金額が返ってくる返金保証制度を採用していることが多いのです。

どの便秘解消サプリメントがひとりひとりに合っているのか始めは分からないはずですから、通信販売を利用した方が良いのではないかと思います。

便秘対策で重要なのは腸内に善玉菌を増やすこと!


■善玉菌の腸内環境に与える影響力

善玉菌、悪玉菌という言葉を聞いた時、「ああ、腸内環境に良いのが善玉菌、悪いのが悪玉菌(日和見菌含む)ね」という、大まかな知識をお持ちの方は多いと思います。
そしてその善玉菌が多ければ、腸内環境が良くなり、いわゆる「お通じ」も良くなって、腸の疾患予防(大腸ガンなど)に効果があることもよく知られています。

最近では、善玉菌による栄養吸収の効率アップによる美容面での効用や、更に免疫力そのものの向上による全体的な病気予防、果ては最新の研究において、人間の性格にまで影響するという研究結果もあり、善玉菌と腸内環境の良し悪しに対する注目度はアップする一方と言えます。

■善玉菌を体内に取り入れるなら生きたまま?

当然ながら、その知識に訴えかけるように、ヨーグルトや乳酸菌飲料などにおいては、幾つもある善玉菌の中の優れた特長をうたい、その善玉菌をいかにして腸内に活きたまま送り届けるかということが宣伝されています。私達も何となくですが、乳酸菌やビフィズス菌などは、活きたものでないと意味が無いように感じている傾向があるのではないでしょうか。菌は生き物ですから、「生きていないと働いてくれないので、その効果もなくなってしまう」という強迫観念にとらわれるのも仕方ないと言えます。

しかしながら、胃酸や胆汁酸に負けない形で善玉菌を腸内まで送り届けるのは、技術革新が進んだ今でも、そう簡単なことではないようです。やはりかなり腸に届く前に死んでしまう確率は高いというのが現状のようです。

しかも、実は体外から取り入れた善玉菌は定着せずに、早くに死んでしまう傾向が強いとも言われています。腸内に元から住み着いている善玉菌(常在菌型の善玉菌とも呼ばれます)は、常に世代交代を行い途切れることがありませんが、体外からですと、それが繁殖して定着ということは、どうも考えにくいようです。勿論、体外から取り入れた活きた善玉菌にも意味はありますし、特殊な善玉菌は体外から取り入れることも考えなくてはなりません。しかしやはり重要なのは、自分の体内に元からいる常在菌型の善玉菌を増やすことのようです。

■死んだ善玉菌は常在菌の増殖に活かす

こうしてみると、「じゃあヨーグルトや乳酸菌飲料で、乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌を摂取するのは、あんまり意味がないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。死んでしまった善玉菌にも多いに意味があるのです。

まず、死んだ善玉菌がまるで食物繊維のように働くことが挙げられます。当然お通じに好影響を与えます。また、善玉菌の体を構成していた物質自体が、常在菌の善玉菌の餌になり、その増殖に貢献するということがあります。

そして、善玉菌が死ぬ前に作り出していた成分(例えばヨーグルトに含まれている成分は、乳酸菌などが乳成分を分解して生成した物質が多く含まれている)自体に身体や腸に良い働きをするモノが多いとも言われています。

そもそも乳酸菌がお通じに良いのは、乳酸菌が作り出す乳酸が、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激する側面があるとされており、この点においても、必ずしも活きた善玉菌じゃないと意味が無いとは言えなかったことの証拠でもあるでしょう。

 

以上のように、善玉菌を外部から摂取する場合には、出来れば活きたまま届く方が良いとしても、善玉菌の入った食料などを摂取すること自体に、既に相当の意味があるとおわかりいただけるかと思います。そして一番大事なのは、自分のお腹に元々住み着いている善玉菌をどれだけ大事に出来るかということでもあるわけです。