オリゴ糖が抜群に摂取出来るきな粉に注目

オリゴ糖が含まれた食品は、数限りなくあります。1日に摂取したいオリゴ糖は2g~10gです。これを食品から摂取しようと思ったとき、かなり頑張らなくてはならないといけない印象です。しかし、身近な食品の中に1日に摂取したいオリゴ糖の量に迫るものがあります。

それは、きな粉です。きな粉には100gあたり7gもの大豆オリゴ糖は含まれています。これはほかの食品と比べても極めて高いと言えます。きな粉は色々な食べ方ができます。ドリンクに混ぜても美味しいですし、パンの上にまぶし焼いて食べても美味しいです。

imasia_1878215_M
imasia_2685457_M

簡単なスイーツにも使えます。味も美味しくクセのない味わいなので、きな粉が苦手という人はあまりいません。あらを探せば、粉っぽくてむせりそうになる、ということくらいでしょうか。

imasia_14947760_M

しかし、それも料理する過程で、水に溶かしたり粘り気を付けて調理すれば解消してしまいます。オリゴ糖を含む、バナナとの相性も抜群に良いのでバナナときな粉のレシピも巷に沢山溢れています。

オリゴ糖を毎日コンスタントに美味しく、食品から摂取したい場合は、きな粉を使用すると良いかもしれません。バリエーション豊かなレシピで、飽きのこない食卓にしてください。大豆オリゴ糖は甘味も強い特徴がありますので満足感も得られやすいのが、摂取する方からすると嬉しいですね。

特定保健用食品に選ばれたオリゴ糖食品に注目

食品を購入するときに、パッケージに人間が両手をあげている図と共にその人間図を囲み、「消費者庁許可」「特定保健用食品」と書かれているのを見たことがありませんか?これは略してトクホと呼ばれるものです。

トクホのマークがついている食品は、消費者庁長官の許可を受けており保健の効果を表示できる食品のことです。ほかの商品と違う点は、トクホ認定されている食品は、保健効果が科学的に証明されているということです。

国が認めた、食品なので安心感と信頼性がありますね。勿論このトクホにはオリゴ糖食品も多く登録されています。保健機能成分としては、おもにお腹の調子を整える食品の分類で、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖キシロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖が認められています。

どういったものを選んで良いのか分からない時には、オリゴ糖食品のパッケージやラベルにトクホマークがあるのかというのに、注目してみると良いかもしれません。トクホの食品は、値段的にも割高感が否めませんが科学的根拠によって、消費者庁に認定されているとなると、少なくとも副作用はないと思えますね。

勿論オリゴ糖自体に、目立った副作用はないのですが、加工する際にオリゴ糖以外の何かが含まれている可能性もあります。そうした心配を払拭したい人には、トクホが指標になるのは言うまでもありません。

インターネットでランキングや口コミを見る

オリゴ糖食品を購入するときに、何を目安にするのかと言うと、やはり口コミやランキングなどではないでしょうか。インターネットでオリゴ糖を検索するときに「オリゴ糖 口コミ」「オリゴ糖 ランキング」などで調べてみると、多様なサイトにアクセスできます。

参考にしてみると発見等もあり、面白いと思います。自分の判断だけでは、迷いがある場合などこうしたものを利用すれば、欲しいものに対して、確信が持てるのではないか
と思います。

例えば、「オリゴ糖 ランキング」で検索をかけてみると、上位に表示された物の中に「楽天オリゴ糖配合ランキング」というものがありました。早速見てみると、インターネットショッピングサイト、楽天のオリゴ糖配合ランキングが表示され、売れているオリゴ糖の食品がわかります。

本日の売れ筋は1位に2000円の粉末オリゴ糖500gが表示されていました。2位にはお得な3個セット8551円です。楽天の場合はレビューも見られますので、口コミも閲覧することができるのが、良いですね。

スーパーなどで食品を選ぶときに

スーパーなどでもオリゴ糖が沢山売られています。一番多いのが甘味料としてのオリゴ糖です。シロップで売られています。沢山ある中でどれを選べばいいかと悩むかと思います。そんなときには、オリゴ糖がどのくらい含まれているかを目安にするといいでしょう。中には100%オリゴ糖というものもあります。

imasia_4495692_M

味で選ぶのも大切なことです。オリゴ糖は甘味料としては、物足りなさを感じやすいので、出だしからつまづいてしまう人もいます。せっかく体に良いものなので、長く摂取してほしい食品だからこそ、ハードルを低めに設定してもいいかもしれません。

純度の高いオリゴ糖で、甘味をあまり感じない場合は、ショ糖が混ざったもので、オリゴ糖のパーセンテージが多少低くても、まずはそこからスタートしてみてもいいと思います。慣れてきたら、もっと純度の高いものに変更していけばいいのです。オリゴ糖初心者は無理をしないで楽しく食べられる食品を選んで欲しいと思います。

関連ページ:オリゴ糖のおすすめを選ぶ基準

便秘解消サプリおすすめランキング