オリゴ糖を使ったレシピをストックしよう

オリゴ糖は、その効果の高さから多くの人の生活の中に馴染んでいます。血糖値の高い事で起こる糖尿病や、カロリーの低さからダイエット甘味料としても使用されます。しかし一番身近なのが、便秘への効果ではないかと思います。

健康に対して、敏感な人はもとよりそうでない人も、砂糖を使うところをオリゴ糖に変えるだけで十分効果がありますから、日々の生活の中でオリゴ糖を根付かせて欲しいと思います。

ここでは、簡単に試せる、オリゴ糖レシピを紹介したいと思います。こうしたレシピをたくさんストックして、健康的な腸内環境を築いてください。

オリゴ糖簡単ドリンクレシピ

健康志向の朝の1杯を、オリゴ糖たっぷりの健康ドリンクで迎えるのも素敵ですね。ドリンクだからこそ簡単に作れますので、毎日飲んで欲しいと思います。

・レモンドリンク
材料:レモン汁50cc、水200cc、オリゴ糖大さじ1杯
作り方:材料を混ぜて完成です。あまりにも簡単なので、驚かれると思いますが夏バテの朝などに最高です。レモンに含まれるビタミンCは、夏の日差しで傷ついた皮膚を再生させる効果があります。また、オリゴ糖は、夏バテの際の腸の疲れを取ってくれます。オリゴ糖が腸内の善玉菌を活性化してくれます。

・豆乳オリゴ糖ドリンク
材料:生おから50g、きな粉大さじ1杯、オリゴ糖大さじ1杯、牛乳200cc
作り方:材料をミキサーにかけて、完成です。おからのつぶつぶ感がなくなるまで念入りにミキサーで混ぜるのがコツです。豆乳もオリゴ糖も便秘に効果があるので、便秘で腹部に重みを感じる時に作ってみてください。まろやかな風味がクセになるレシピです。

・冷凍フルーツヨーグルトオリゴ糖ドリンク
材料:プレーンヨーグルト200g、冷凍フルーツ50g、オリゴ糖大さじ1杯
作り方:お好みの冷凍したフルーツ(ブルーベリー、パイナップル、メロン、苺など)とプレーンヨーグルト、そこにオリゴ糖を加えミキサーにかければ完成です。美容に良いフルーツをヨーグルトとオリゴ糖でドリンクにすることで、酵素が体内に巡り、美肌効果や整腸効果が期待できます。フルーツが甘いので、オリゴ糖は少なめでもOKです。

関連ページ:オリゴ糖とヨーグルトの素敵な関係

よく読まれてるオリゴ糖記事はこちら

オリゴ糖ヘルシー・スイーツレシピ

オリゴ糖を使ったスイーツレシピは重宝します。ダイエット中のおやつには頭を抱えるところです。砂糖の半分しかカロリーのないオリゴ糖だからこそ、甘味を抑えずカロリーカットが実現できます。小さな子供にも大人気レシピです。

・カットフルーツのオリゴ糖シロップかけ(フルーツもオリゴ糖もお好みの量で)
材料:お好みのフルーツ、オリゴ糖シロップ
作り方:説明するまでもないですが、カットしたフルーツに市販のオリゴ糖シロップをかけて出来上がりです。あまりにも簡単ですが、ヘルシーなのでおやつとしては最適です。便通も良くなりますよ。

・桃缶とオリゴ糖の寒天ゼリー
材料:桃缶1缶分、果汁100%ジュース1リットル、オリゴ糖大さじ2杯、粉寒天大さじ1杯
作り方:鍋に粉寒天とオリゴ糖を入れます。そこにジュースを入れて火をかけます。鍋が吹きこぼれないように気をつけながら、桃をカットしておきます。鍋が煮立ったら弱火で1分沸騰させます。その後タッパーに流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れます。固まったら出来上がりです。たくさん作ってホームパーティなどで、振舞っても良いと思います。寒天は食物繊維の宝庫なので、オリゴ糖と相まって良い整腸効果が期待できます。
関連ページ:寒天の驚くべき便秘解消効果に迫る

・炊飯器で作るきな粉と胡麻オリゴ糖ケーキ
材料:ホットケーキミックス200g、きなこ大さじ6杯、いり胡麻大さじ5杯、すり胡麻
大さじ1杯、オリゴ糖大さじ6杯、卵1個、サラダ油大さじ3杯、牛乳150cc
作り方:材料を混ぜ合わせ、炊飯器の普通炊きモードで、炊き上げます。簡単でボリュームのあるケーキが完成します。胡麻の風味とオリゴ糖の甘味が、さわやかなスイーツです。綺麗に切り分けて、ホイップとフルーツで飾れば、十分お客様用にもなるから不思議なレシピです。

よく読まれてるオリゴ糖記事はこちら

オリゴ糖美味しい定番おかずレシピ

甘いものが苦手な大人向けのレシピです。オリゴ糖を使えば、更にヘルシーな健康食に大変身します。糖尿病やダイエット中の人にも向いているおかずのレシピです。

・小松菜と厚揚げのオリゴ糖炒め煮
材料:小松菜1把、厚揚げ1パック、出汁適量、酒大さじ2杯、みりん大さじ2杯
醤油大さじ1杯、オリゴ糖大さじ2杯、水大さじ2杯、ゴマ油適量
作り方:ごま油でカットした厚揚げを両面焦げ色がつくまで炒めます。そこにカットした小松菜を厚揚げを炒めている同じフライパンに投入します。しんなりしたら、調味料を全て入れて絡めます。おつまみにも、お弁当のおかずにも重宝しそうな定番のおかずレシピです。小松菜の食物繊維とオリゴ糖が、便秘を予防してくれます。食欲のない日に作ると、喜ばれる何故か箸の進むレシピです。

・豚肉のオリゴ糖味噌焼き
材料:豚ロース適量、麺つゆ適量、味噌大さじ2杯、オリゴ糖小さじ1杯、酒小さじ2杯
作り方:豚ロースを切ります。調味料は合わせておき、その中に切った豚肉を合わせてなじませます。よく味が付いたら、火が通るまでよく炒めます。お肉が好きな人にはたまらないレシピだと思います。ガッツリ食べたい時には厚みのあるロース肉を使い、そうでもないときや、女性の場合は薄いロース肉を使うといいと思います。肉類の食べすぎは、悪玉菌を増やすことにも繋がりますが、肉類からしか摂取できないビタミンもありますから、こうして時々オリゴ糖を隠し味に、食べてみましょう。

・玉ねぎと人参のオリゴ糖シーチキンマリネ
材料:玉ねぎ適量、人参適量、シーチキン1缶、酢大さじ3杯、オリゴ糖シロップ大さじ
1杯、乾燥バジル少量、ガーリックパウダー少量、塩少量
作り方:玉ねぎと人参は薄くスライスして水にさらしておきます。シーチキンは油を切り、合わせておいた調味料をシーチキンと水をきった玉ねぎ人参と和えて完成です。メイン料理の付け合せなどに活躍します。いろどりも綺麗なので、見栄えがします。すっきりとした味わいなので、気がつけば箸がどんどん進みます。大人向けのレシピですので、酒の肴にも向いています。

よく読まれてるオリゴ糖記事はこちら