妊婦に便秘が多い理由

妊婦になると、便秘になることが多くなります。何故こんなに出ないのか悩んで頭を抱えてしまうこともありますよね。それでなくとも妊娠中は生活が一変してしまうので、体力も減退して辛いことが多いのに、さらに便がでないともなると、途方に暮れてしまいます。

妊婦に何故、便秘が多いのかというと、まずホルモンの影響があります。黄体ホルモンという、女性ホルモンが敢えて便秘になりやすいように分泌しているのです。黄体ホルモンは、腸の蠕動運動を抑える役目を担います。妊娠前期は流産しやすいので、腸が収縮活動を繰り返すと近くにある子宮にも影響が出てきます。

imasia_13240955_M

流産しやすい時期、妊娠4ヶ月まではこの黄体ホルモンが活発なので、便秘になりやすいのです。安定期に入ると、自然とこのホルモンの影響から脱することができますので、一時的に便秘の症状は改善する人も多いでしょう。

しかし、安心はしていられません。何故なら、妊娠後期になると再び便秘の症状が起こりやすくなるからです。安定期に入っているのに何故?と思われるかもしれませんが、今度は大きくなった子宮が腸を圧迫してしまうことで腸管が狭窄されてしまい、便が出にくくなってしまうのです。

更にこの圧迫でお腹を中心に血流障害が起きてくるので、痔にもなりやすくなります。痔になると、排便するときに痛みを感じるようになるので、便意があっても我慢してしまうようになります。結果的に便秘になってしまうのです。

妊婦は、妊娠期間中のほとんどを便秘と付き合いながら過ごさなくてはなりません。それでなくとも、妊娠初期には悪阻もありますから、大変なストレスが身に降りかかります。どうにかして便秘を治したいと思う妊婦は大変多いのです。

安全性を考えるとオリゴ糖が最適

妊婦には通常の下剤や、便秘薬を処方することができません。胎児への影響があるので、妊娠期間中は使用できる薬は極めて少ないのです。だからこそオリゴ糖が妊婦には最適です。実際に産婦人科でオリゴ糖を勧められた経験のある妊婦も多いはずです。

オリゴ糖は天然成分から抽出されるものが多いですし、副作用もありません。小さな子供から大人まで、幅広い年代で摂取できるのが、オリゴ糖の強みなのです。オリゴ糖は下剤のように直腸に激しい作用をもたらすことはありません。あくまでも体質改善が先で、緩やかな便意を促すのが特徴です。オリゴ糖を摂取して激しい腹痛になった人というのは皆無と言っていいはずです。

imasia_11592970_M

オリゴ糖は、お腹の中で腸を正常に機能させる事を促進する、善玉菌の栄養素になります。オリゴ糖が大腸に届くと、善玉菌に食べられて善玉菌が増えて行くきっかけを作るのです。腸内に善玉菌が増えると、便が柔らかくなり排便が楽になっていきます。

便秘の状態が長く続くと、便から出る有害物質が血液をめぐりながら全身を流れていくので、妊婦には危険です。その有害物質が、胎児にも吸収されてしまう可能性があるからです。妊婦にとって便秘とは、自分の健康被害のみならず大切な赤ちゃんにも、関係して来ることなのです。

赤ちゃんの健康を守るためにも、オリゴ糖を積極的に取り入れましょう。胎児にも全く副作用がありませんので、安心してください。

便秘解消サプリおすすめランキング

オリゴ糖と運動を組み合わせる

妊婦は運動不足になりがちです。お腹に負担のかかる運動を避けるため、運動から遠ざかるのは致し方ないことです。しかしまったく運動をしない生活に慣れるのも同じくらい危険です。妊婦が運動をせずに体重が増加すると妊娠中毒症という病気に罹患することもあります。

しかし食事制限をすると、今度は胎児への栄養が不足するので、無理なダイエットもおすすめできません。だとすれば、一番よいのは、運動ということになります。毎日30分ほど、ウォーキングをするだけで、違います。数ヶ月継続すると筋肉がつきますので、便秘になったときに排便する力になります。腹筋が鍛えられてくるからです。

ウォーキングの際には、喉が乾きますからオリゴ糖の入った飲料水を持ち歩き、こまめに水分補給しください。水分補給時にオリゴ糖を摂取すれば、一石二鳥です。お腹の中の健康も同時に守れるのですから、是非オリゴ糖の入った飲料を使用してみましょう。

市販の飲料水にもオリゴ糖入りの物がありますが、甘すぎると喉が渇くので運動中には向いていません。自作でオリゴ糖水を作るのが甘さを調節できます。

・用意するもの
粉末タイプのオリゴ糖、白湯

・作り方
60度程に覚めた白湯500mlを用意します。オリゴ糖を、5gをいれて混ぜます。甘さは相当薄まりますが、ほんのり甘くて美味しいです。

ストレスのない生活にオリゴ糖は欠かせない

妊娠中の定期検診で、必ず体重について言われます。妊婦の宿命といってもいいかもしれませんが、口うるさく体重増加を戒められます。妊娠中は赤ちゃんの分も栄養を
摂らなくてはいけないので、過食気味になります。それは仕方のないことです。しかし過食癖が日常化すると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病になってしまう場合があります。妊婦の体型によって違いますが、体重増加の目安か下記のとおりです。

・やせ型妊婦(BMI18.5未満)9~12kg

・平均型妊婦(BMI18.5~25未満)7~12kg

・肥満型妊婦(BMI25以上)5kg

これでも近年の研究から、増加上限が上がりました。余りにも厳しく体重制限をすると今度は胎児に悪影響を及ぼすことが分かってきたからです。しかし、ある程度上限が上がったことで過食に拍車が掛かり、増加目安を超えてしまう妊婦も多くなりました。

10kgまでは、増加しても良いのだと油断するとあっという間に20kgも増えていた・・という事例も数多くあります。そうなると、産婦人科での厳しい指導が始まりますので、妊婦にはこの上ない苦痛ですね。だからこそ、オリゴ糖です。

ストレスなく体重をコントロールするのにオリゴ糖は最高な相棒です。砂糖の半分のカロリーしかありませんから、お菓子などにオリゴ糖を使用すれば、太りにくくなるのです。ストレスを排しながら、体重制限できるのです。何かとストレスと隣り合わせの妊婦だからこそ、オリゴ糖を活用して欲しいと思います。

便秘解消サプリおすすめランキング