虫歯予防にも効能のあるオリゴ糖

オリゴ糖には健康に良い効能が沢山あります。有名なのは、腸内環境を整えて、便秘を改善させてくれることですが、それ以外にも数多くの効能に溢れています。その中でも、あまり知られていないのが、虫歯予防の効能です。

本来虫歯菌は、口内に残る糖分を餌として繁殖し、虫歯菌が作り出した酸が歯を溶かす事で起きてきます。オリゴ糖は糖分でありながら、虫歯菌の餌になりにくいため、虫歯菌が酸を作り出すきっかけを消失させるのです。

imasia_14530024_M

お菓子作りの時の甘味料を砂糖から、オリゴ糖に変えるだけで糖分を口内に残すことがないので、虫歯を予防することができます。特にフラクトオリゴ糖や、乳糖オリゴ糖、パラチノースなどが虫歯を予防する効能があります。

ただし、オリゴ糖と砂糖を混ぜ合わせて作られたオリゴ糖甘味料は砂糖が混入している時点で、虫歯のリスクは避けられません。オリゴ糖が100%に近いものを選ぶことが大切です。そうでない場合は、歯磨きに力を入れて残りかすが歯に付着しないように、一層気を配らなくてはいけません。

オリゴ糖は魔法の薬ではありませんから、たとえ虫歯菌を不活発にする作用があったとしても、日々の口内のメンテナンスは必要です。オリゴ糖に確かな効能はあったとしても、自分の体を丁寧に扱わなくては何をしても結局は同じことになってしまうからです。

アトピーの改善にも効能がある

子供から大人まで、アトピー性皮膚炎に罹患し、ステロイド剤が手放せない人にはまさに朗報です。オリゴ糖は、アトピーにも一定の効能があるのことが分かっています。オリゴ糖といえば、善玉菌の代表選手でもるビフィズス菌の餌になることで、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで便秘を解消していく作用があることがひとつのうりですが、この腸内環境が改善されることで、自然とアトピーも緩和していくということでもその効能が知られるようになりました。

imasia_6320920_M

実際、アトピー患者の腸内を調べると善玉菌が極めて少なく、悪玉菌が優勢である場合が多いそうです。まずは、オリゴ糖を毎日摂取してみて、様子をみてみると、良いと思います。オリゴ糖は副作用のないことで知られていますから、アトピー患者も神経質にならずに摂取して、その効能を試すことができるでしょう。

胆汁酸の排出も補助してくれる

食事をすると、脂肪の吸収をスムーズにするために、胆嚢から胆汁酸と言われるものが分泌されます。しかし、腸内が悪玉菌で汚染されていると胆汁酸を二次胆汁酸という、毒性の物質に変えてしまいます。二次胆汁酸は大腸がんの原因にもなっている、恐ろしい物質です。

しかしオリゴ糖を摂取していると、二次胆汁酸の生成を抑えます。そして胆汁酸を通常の黄色い液体に変化させて、スムーズに排出できるよう補助してくれるのです。古い胆汁酸は便と一緒に排出されます。しかし胆汁酸の働きが弱いといつまでも古い胆汁酸が排出できず、新しい胆汁酸が生成されません。この排出には食物繊維に効能がありますが、オリゴ糖は食物繊維と似たプロセスで食物繊維と同じような役割を担うのです。

最近の研究では、胆汁酸は単に脂肪の消化や吸収を促すだけではなくホルモンと同じように、血液の中で脂肪燃焼を指示し、脂肪肝の抑止や糖尿病の治療にも効能があるとされています。だとすれば、益々この胆汁酸には頑張ってもらわなくてはなりません。その際には、オリゴ糖が素晴らしい働きをしてくれるのだと言うことも、覚えておきたいところです。

大腸がんの予防にも良い

大腸がんでの死亡率が年々高くなっています。日本人の食生活も欧米化してきたことで、大腸に関する病気が多くなっているのです。大腸がんも一昔前は、欧米人の病気という認識でしたが、そうも言っていられない状況になっています。日本人の死亡原因の常に一桁にランクインされている大腸がんは、腸内環境が悪玉菌で汚染されることで、腸内に有毒物質が蔓延することで起きてきます。

imasia_16491680_M

腸内環境が悪玉菌で蹂躙されると、便秘になりその便から出る発がん性物質が、大腸の腸壁を蝕んでいくと考えられています。胆汁酸も悪玉菌により二次胆汁酸に変化しますので、放っておくと多角的に大腸がんへと導かれて行くことになるのです。

オリゴ糖は、腸内を蝕み、全身をも発がん性物質で満たす勢いの悪玉菌を抑制することができます。オリゴ糖は溶けずにそのまま、大腸に届く難消化性オリゴ糖というものがあり、そのオリゴ糖が、弱った善玉菌の栄養素になることで、善玉菌を復活に導くのです。

善玉菌が元気になるとドンドン仲間を増やしていきます。善玉菌が悪玉菌を数で圧倒すると、中間細菌である日和見菌があっという間に、悪玉菌を離れて、善玉菌に加勢しますので、腸内フローラは善玉菌の花畑に変化していきます。

オリゴ糖の効能は、大腸がんを抑止して、全身に巡る発がん性物質にも抑止効果を発揮するのです。とても優秀な成分なのです。日々オリゴ糖を摂取して、善玉菌を増やしていきたいものですね。