カフェインの摂りすぎは便秘になる

日本人が愛飲する緑茶には、カフェインが含まれています。カフェインは腸をほどよく刺激する成分がありますので、最初のうちは便秘の効果も絶大です。しかし、利尿作用が高いため、飲むほどに体外に水分が出てしまうことになります。

imasia_11240178_M
水分不足になると便が腸の中で硬くなりますので便秘を悪化させてしまうことになります。緑茶のようなカフェインが含まれるお茶を飲みすぎて、逆に便秘になる人も多いため、緑茶は飲むなとまで言われることもあります。緑茶を愛する日本人にとっては、悲しい現実ですね。しかし、程よく飲めば、腸が刺激されて便通が良くなりますから、飲みすぎず適量飲むようにすれば便秘が改善するのは確かなことです。

便秘にはリスクの高いカフェインですが、上手に付き合えば頼りになる味方です。緑茶に限って言えば、健康に良い成分が多いので便秘以外の効能も考えて、お付き合いしてください。お茶なくして、毎日が潤うかというような考えの人も多いと思います。お茶は日本人にとってなくてはならないものというのは、日本の緑茶消費量からも如実に現れています。

お茶にも色々な種類があります。どのようなお茶が、便秘解消に効果をもたらすのか、熟知すれば便秘のタイプによって飲み分けられますね。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

緑茶はカテキン豊富!節度を守れば強い味方

お茶の渋みと言えば、日本茶を連想しますね。緑茶の渋み成分こそがカテキンです。カテキンは強い殺菌力があります。お茶の名産地静岡県では学校の蛇口から緑茶が出る所もあります。飲んでも良いのですがうがいをさせるために、学校の蛇口から緑茶が出るようにしているそうです。

imasia_16174023_M

冬場のインフルエンザなどの対策に、こうした緑茶うがいを提唱する県があるのです。カテキンは、優れた殺菌力で、腸内の悪玉菌を排除する作用にも長けています。確かにカフェインの心配は拭えませんが、一方でカテキンという強い味方が、便秘を解消する為に腸内で働いてくれるのです。

便秘でお腹の中にいつもガスが溜まっているような人、おならが臭くて腐敗臭がする人は腸内に悪玉菌が跋扈しています。お茶を積極的に飲んで腸内殺菌したいものです。類まれな殺菌力で、ウイルスにも強くなり免疫力の強化にも役立ちます。

免疫力と、腸内の健康はリンクしていますので、是非健康維持のためにも、タフなお腹を作るためにも主に緑茶に含まれるカテキンは摂取しておきたいところです。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

ノンカフェインのお茶に注目

お茶の中でもノンカフェインのお茶で、便秘に効力があるものを紹介します。勿論緑茶も節度を守れば、カテキンの作用で便秘に強い解消力を持ちます。緑茶を飲みながら、カフェインが効きすぎてきた、という時にこれらのお茶を飲むことをオススメします。

・黒豆茶

imasia_7575795_M
黒豆茶は、黒豆を主成分にしたお茶です。ノンカフェインで、食物繊維が豊富なことから便のスムーズな排出に力を貸します。オリゴ糖等も含まれていますから、継続して飲むと便秘体質を改善させることができます。風味は香ばしく飲みやすいお茶です。

・プーアル茶

imasia_14457599_M
プーアル茶は中国で頻繁に飲まれているお茶です。カフェインが若干含まれていますが、少ないので心配はいりません。ビタミンやミネラルが豊富なので、腸内環境を正常に戻すことに役立つお茶です。便秘は冷え性の人が多く罹患しますが、プーアル茶は血行促進の働きがありますから、冷え性の便秘には最高のお茶です。

・ごぼう茶

imasia_12329226_M
ごぼう茶は食物繊維が豊富であるだけでなく、イヌリンという栄養素が含まれています。イヌリンは腸内の活動を活性化することで知られています。美容にも効果があるとされています。腸内から美しく変身したいものです。

・生姜紅茶

imasia_3565469_M
生姜紅茶の場合は、紅茶ですからカフェインは多めに含まれています。しかし生姜紅茶の場合は、それ以上にプラスの作用が多いので飲んで欲しいお茶です。生姜の成分が体をくまなく温めますので、副交感神経が優位になりやすく、胃腸が常に動きやすい環境を作ります。生姜は殺菌作用もありますから、腸内の悪玉菌を排除するのにも役立ちます。

・麦茶

imasia_2645159_M
麦茶の強みは、乳児から高齢者まで年齢を選ばないお茶であることです。水分補給に誰でも飲む事が出来るお茶なので、便秘になりやすい人には是非毎日飲んで欲しいと思います。水分が満たされると、便が柔らかくなり便通が良くなります。

朝は冷たい1杯その後はあたたかいお茶で

imasia_14184842_M

お茶をいつ飲むのかということでも、随分違うものです。便秘を治すには朝の冷たいお茶が、腸を刺激して朝の大蠕動運動を引き起こしてくれます。朝は間違いなく冷たいお茶が良いでしょう。

しかし、1日中冷たいお茶を飲むのは反対です。お茶の冷たさで、腸が冷えてしまうからです。最初は下痢の症状が出るかもしれませんが、そのうち腸が休眠状態になりますので動かなくなり便秘を誘発してしまうのです。

朝以外は、あたたかいお茶を飲むほうが便秘には良いのです。夏場は熱いお茶を飲むのも苦労するかもしれませんが、健康の為にも朝以外は熱いお茶を飲みましょう。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら