便秘の改善に効能有り

乳酸菌は腸内に住む腸を健康にする善玉菌のひとつです。乳酸菌は乳酸や酢酸を生成し、腸の運動を活発化させます。蠕動運動が多くなると腸内環境も整い、善玉菌を増やしていくのです。悪玉菌の抑制にも効能があるのです。腸内には、この善玉菌の他に、悪玉菌と日和見菌がいます。そして一番意外なのが、日和見菌というどっちつかずな菌が一番多いことです。

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌が戦ってる時には動きません。しかし勝敗が決まってくると、一気に優勢の菌に加勢します。腸内の善玉菌の力が弱いと、悪玉菌に侵食されるだけでなく、本来どちらにも属していなかった日和見菌も、悪玉菌に転じてしまいます。

悪玉菌が増えると、便秘になりやすくなります。腸内環境を整えて善玉菌を優勢にしておくことで、常に腸内の環境は守られて、便秘にもならずに済むのです。乳酸菌を摂取することで、腸内に善玉菌の数が増えていきます。乳酸菌は、乳酸や酢酸を作ることで悪玉菌に対抗しますが役目を終えて死菌になってからも、他の善玉菌の餌になりビフィズス菌などの増殖に力を貸します。

しかし乳酸菌はもともと熱や酸に弱いので常に摂取を続ける必要があります。便秘の人は毎日乳酸菌を摂取する事で慢性的な便秘から解放されます。便秘には乳酸菌というほど、その効能は広く知られています。腸まで生きたまま届く乳酸菌も、数多く販売されていますので、自分に合う乳酸菌を見つけて、便秘改善してください。

アレルギー体質の改善にも

アレルギーは免疫の誤作動から生じます。免疫システムは、多様な病気から人間を守るためにあります。しかし、衛生的な国ほどアレルギーが増加傾向にあります。一説には、清潔すぎる先進国において、多くの病原菌が駆逐されてしまい、免疫がさほど害のない花粉や小麦粉やダニなどに対して過剰に反応して攻撃してしまうことで、アレルギーが悪化すると言われています。

確かに、日本人だけを見ていても手洗いうがいなど、過剰な面もあります。清潔すぎるのも、人間の本来備わる自然治癒力の力を弱めしてしまうのかもしれませんね。こうしたアレルゲンは腸内に運ばれて、腸内アレルギーを引き起こします。腸内にアレルゲンが侵入すると、今度は血液に乗り全身をアレルゲンが行き渡ります。すると、アレルギーは悪化してしまいます。

腸内環境を整えて、免疫が正常に作動するようにしたいものです。その為におすすめなのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌の力で、腸を健康に導きます。乳酸菌の中には、アレルギーに効能のあるものもいくつかあります。そうしたアレルギーに効能のあるものを、探し出し摂取することで、アレルギーのつらい症状を緩和させることができます。

血糖値の上昇を抑える乳酸菌の効能

血糖値が上がりやすくて、食事制限を余儀なくされている人はとても多いです。その中には糖尿病や、糖尿病予備軍もいることでしょう。血糖値は食事をするとあがります。ブドウ糖の処理が追いつかなくなり、血管のトラブルが多くなります。動脈硬化や糖尿病等、とても重い病に罹ってしまいます。しかしそんな人こそ乳酸菌を摂取してほしいと思います。乳酸菌の多糖成分が、糖の吸収を緩やかにしますから血糖値の上昇を抑制する効能があるのです。

また乳酸菌はカゼインを分解してラクトプリペドというものを作ります。ラクドプチペドは、血管の細胞に付着し血液上昇の原因になる細胞ACEから守ってくれます。血糖値を下げて血圧も下げる乳酸菌は、こうした血液に関しても効能があるのです。糖尿病にはオリゴ糖ということが言われますが、オリゴ糖と乳酸菌をあわせて摂取すると効能がより深く感じられることでしょう。

美肌効果で老化防止

年齢よりも老けて見える原因の多くが肌にあります。肌がくすんでいたり吹き出物が出ているとそれだけで、老けて見えてしまいます。こうした肌荒れの原因は腸にあることが多いです。便秘の時にニキビが顔に出てしまうことがありませんか?腸の働きが弱くなると、悪玉菌が有害物質を出します。腸から吸収された有害物質が全身を巡り、皮膚の毛穴から出てくると炎症を起こしニキビなどになります。新陳代謝も阻害されますので、皮膚の生まれ変わるサイクルも遅くなり、そのまま皮膚が劣化してしまいます。するとくすみやシワの元になるのです。

そんな肌の悩みを抱えている人におすすめしたいのが、乳酸菌です。乳酸菌を摂取することで腸内環境が安定しますから、血液から毒素が皮膚に運ばれることもなくなります。すると皮膚に艶が戻ります。血液がさらさらになることで、新陳代謝も活発になりますので、皮膚細胞の生まれ変わりもスムーズになるのです。腸内健康に効能があると思って乳酸菌の入った食品を食べ続けていたら、美肌になってしまったという、思わぬ副産物的な効能に喜ぶ人も多いと言いますから、自分の肌に自信が持てなくなって来た時には乳酸菌を試してみてください。