乳酸菌とは?

乳酸菌というと、知らない人はいないくらい知名度の高い菌ですが、その効果を改めて問われると即答できない人が多いのではないかと思います。同じような効能のある、ビフィズス菌と混合されて考えられてしまうことも多いですね。

腸を健康に整えていくという点では、同じなので混合されて考えられても致し方ないかもしれません。しかし、実際は違います。ビフィズス菌は、酸素がある場所では生息できない偏性嫌気性という性質ですが、乳酸菌は人間の腸内のみならず自然界の至るところに生息することが可能です。自由性という面では、ビフィズス菌よりも上をゆく存在です。であるにもかかわらず、腸内ではたったの0.1%しか生息していないのが、乳酸菌です。体内で足りない分は、外から摂取して補うしかありません。乳酸菌は、チーズやヨーグルトなどの発酵食品に含まれています。

乳酸菌の特性は、糖を分解して乳酸を生成することにあります。糖を分解して作る代謝物の50%が乳酸です。ビフィズス菌にも乳酸を作り出す性質がありますが乳酸菌よりも少ないため、乳酸に特化した乳酸菌は、腸の中でなくてはならないものになっています。

乳酸は、悪玉菌を抑制して増殖させない作用があります。また、死んだ乳酸菌はビフィズス菌の餌にもなります。しかも、悪玉菌で傷ついた腸壁の穴を乳酸菌の死菌は塞いで補修する作用もあるのです。乳酸菌は、生菌でも死菌でも腸にはなくてはならないものです。ビフィズス菌のサポート役なのです。

乳酸菌と言えば整腸作用

乳酸菌の効果の一番はやはり、高い整腸作用にあります。腸内の糖分を分解して乳酸を作り出し、腸内環境を整えます。それだけではなく腸の蠕動運動を活発化させたり、便の中の水分量を適正に調節して便が硬くなったり柔らかくなったりを防ぐ役割があります。腸内環境をスムーズに整えると、乳酸菌の働きのおかげでビフィズス菌が元気になり、悪玉菌が優勢であった腸内を、善玉菌優勢に変化させてくれるのです。人知れず嬉しい効果を発揮してくれているのが乳酸菌なのです。

乳酸菌を生きたまま送り込むことで、乳酸を生成するチャンスはグッと増えます。乳酸が作れるようになれば、悪玉菌は日に日に弱まりますが、乳酸菌は胃酸に弱く、そうやすやすと大腸まではたどり着けません。だからこそ生きたまま腸まで届くタイプの乳酸菌が売れています。確かに、生きた乳酸菌が大腸に届かなくては心配ですね。

しかし、死菌も効果がありますから、殺菌済みと表示されている乳酸菌も疎まずに摂取してみてください。生菌と変わらぬ効果があります。理想は生きたま腸に届く乳酸菌を摂取しながらも、通常のチーズやヨーグルトといった食品から乳酸菌を摂取することです。生菌、死菌の両方を満遍なく摂取することで腸に健康をもたらす事ができるのではないでしょうか。

生きたまま腸に届く乳酸菌は主に整腸剤や、乳酸菌サプリメントなどに配合されています。アトピー患者が生きたまま腸に届く整腸剤を飲み続けることで、アトピーの症状が緩和するという効果も多く聞かれます。

大腸の病気からも守ってくれる

悪玉菌が腸内に蔓延するようになると、大腸の中に毒素が溜まってしまいます。主に便秘がその原因になりますが、便秘の時には悪玉菌がここぞとばかりに腸内環境を荒らしています。大腸の腸壁にも傷が付き炎症が起きています。そのまま放っておけばかならず大腸がんに進行していきます。慢性便秘を抱えて十数年生きていくと、ただの便秘症ではすまなくなります。蓄積された発がん性物質は、加齢と共に衰えた腸壁に癌を発生させてしまいます。

大腸の病気を抑止する効果のある、乳酸菌は体内でも作られますが、外部から摂取することも可能な優れものです。長年続く腸の不調を一網打尽にしたければ、乳酸菌を摂取することが大切です。乳酸菌飲料を買い揃えて、毎日のどを潤すために飲んでいるだけで、健康に雲泥の差が生じます。

朝は排便の合図が必ずあります。腸は朝に一度大蠕動運動を起こし、誰にでも便通のチャンスを与えてくれます。しかし、慢性便秘の人はその便意すら感じられずに気持ちの悪いまま1日をスタートさせている人も少なくありません。朝、乳酸菌飲料飲めば、便意が生じやすくなります。効果が感じられるまでには数日から、数週間掛かります。少し長く感じるかもしれませんが、将来大腸に病気にならないためにも根気強く頑張ってください。

関連ページ:美味しくて栄養価の高い乳酸菌飲料

アレルギーを予防

知らない人も多いかもしれませんが、実は腸管には全体の6割もの免疫細胞があります。腸内環境が悪いと、腸の働きだけではなく腸管に存在する、免疫細胞の働きまで阻害されてしまうのです。腸に悪玉菌が増えると、アレルゲンが侵入しやすくなります。腸が弱っていては、ブロックすることもできずに、腸から吸収されたアレルゲンは瞬く間に血流に乗って、全身に行き渡り、アレルギーを発症させます。

乳酸菌はこうしたアレルギーと関係している、免疫細胞Th1細胞とTh2細胞のバランスを速やかに整えて、アトピーにような思い疾患から、花粉症のような季節性のアレルギーまで、広く効果をもたらします。

乳酸菌を摂取したことでアレルギーが緩和したいう、調査結果も多くアレルギーへの効果はかなり広く知られています。花粉症の季節になる前に、乳酸菌を摂取する習慣を身につけていくと、花粉症の季節に目のかゆみや鼻水といった、辛い諸症状から逃れることができるかもしれません。

乳酸菌の効果は底しれません。今現在も多くの研究機関で、日夜研究されています。まだ知らない効果、効能が隠されている可能性は大きいです。腸内から、全身の健康の為に是非摂取していきたいものですね。