そもそも乳酸菌って何物!?どんな働きをするの?

「乳酸菌はカラダにいいものだ」ということは多くの人が知っていることだと思います。
しかし、なぜ乳酸菌が身体にとって良い働きをするのかということは案外知られていないのではないでしょうか。

そこで、ここでは乳酸菌が一体どのような存在で、身体にどんな作用をもたらすのかということについて説明していきたいと思います。

そもそも乳酸菌とは

ひとえに乳酸菌といっても、実のところ250以上もの種類が確認されています。つまり乳酸菌とは単一の菌を指すものではなく、カテゴリーの名称と思っていただくと分かりやすいと思います。簡単に説明すると、乳酸菌は炭水化物(糖)をエネルギーにして多量の乳酸を生成する菌類の総称です。

そして、ここまで隠していましたが、「菌」と名前のつくものですから、細菌の一種ということになります。もっと広い範囲まで視点を拡げれば、微生物に属することになります。 私たちが身体に良いと思って、安心して口にしている乳酸菌も実は微生物というくくりにはいってしまうんです。微生物という言葉だけを念頭に置くと、不安になりますが、微生物全般が必ずしも悪さをするわけではないということを乳酸菌を通して知っていただけたらと思います。

さて、私たちは古くからこの微生物の働きを巧みに利用して生きてきました。例えば食物の長期保存をするために発酵という手法がありますが、これも微生物の働きです。発酵ができなければヨーグルトもチーズもお酒も味噌も醤油も存在しません。すべて微生物の力を借りてつくっています。

ちなみに、現代の科学技術を持って類似品をつくったとしても、独特の風味や香りを出すことはできないといわれています。 このことから微生物・細菌が私たちの生活とは切っても切れない存在であることがわかります。そして、この発酵に関わる菌こそが乳酸菌なのです。

乳酸菌の身体の中での役割

ヨーグルトや乳酸飲料などは効率的に乳酸菌を体内へ取り込むことができると考えられています。「生きて腸まで届く乳酸菌」というキャッチコピーを冠した商品もありますが、逆にいえば生きて腸まで届かない乳酸菌ももちろん存在します。

ヨーグルトなどを食べて乳酸菌を摂取しても、途中で死んでしまうものも多くあるのです。途中で死滅してしまうと、乳酸菌がもつパワーは発揮されません。一方で生きて腸まで届くとものすごい活躍をしてくれるのです。

無事に腸まで生き延びた乳酸菌は、腸内の善玉菌の増加を手助けします。また、それだけでなく、さらに悪玉菌を退治します。いわば乳酸菌は腸内の救世主のような存在ともいえるでしょう。乳酸菌の働きによって善玉菌が増えていけば身体にとって様々な良い効果があらわれます。

まず、力をつけた善玉菌は体内の病原菌を倒しにかかります。そして美肌効果をもたらしたり、アトピーの症状を抑制してくれたりします。またコレステロール値を下げたり、虫歯予防にも効果があるとされています。他にもお通じを良くしたり、腸内をキレイにしたりと、良いことずくめなのです。

たかが菌されど菌。あなどるなかれ乳酸菌。
身体を整え、健康な生活していくためには乳酸菌は私たちの生活に欠かせない存在なのです。

便秘対策!乳酸菌の効能をうまく使って解消しましょう

様々な環境要因やストレス、そして食生活の偏りなどにより、現代日本人の中においては「毎日スッキリお通じができている!」という人の方が、むしろ少ないのではないでしょうか。
たくさんの方が、程度はどうであれ便秘やそれにともなうトラブルに悩まされているのです。
誰でもなりうるポピュラーな問題とは言え、より快適な生活を営むためにも、やっぱり便秘はどうにかして改善させたいですね。

ただ、便秘に悩む方ほどナイーブなお腹を持っていたりするものです。
強力な便秘解消のお薬や漢方薬などは、確かに効き目は強いですが、同時にお通じを開通させるまでに強い痛みを伴ったり、下痢になってしまうことも多いのが難点です。

そういった方は、ぜひ乳酸菌を多く摂取することで腸内環境を改善させましょう。乳酸菌というと「乳製品」を思い浮かべる方が多いと思います。

ヨーグルトや発酵食品の中に多く含まれることで有名ですが、もともとは人間の体内に多く存在し、免疫バランスなどを調整してくれている存在です。
腸の中には非常に多くの乳酸菌が住んでおり、この乳酸菌が少なくなって元気がない状態だと、腸内環境が悪くなり、消化活動や蠕動運動が停滞化して便秘になってしまうのです。

ですから、食物やサプリメントによる新たなる乳酸菌の補給がとても大切です。
乳酸菌は一度とって腸内に到達した後は、ずっとそこにとどまるわけではありません。
体外に排出されたり、死滅してしまってその数がどんどん減って行くものなので、「この間たくさんヨーグルトを食べたから大丈夫」ではなく、定期的に乳酸菌を摂取することが便秘改善・体調改善の鍵となります。

そして、便秘解消などに対して乳酸菌が持つ働きをできる限り高く発揮させるためには、忘れてはならないのが「水分の補給」です。乳酸菌も生物ですので、適度な水分がない場所では、せっかく持っている働く力を十分に発揮することができません。

乳酸菌をより活発にし、自然なお通じのリズムを構築させるには、ただ乳酸菌食品ばかりを大量に摂るのではなく、それに合わせてまめに水分をとることが不可欠と言えます。

ヨーグルトは朝食に食べる方が多いようですが、乳酸菌は就寝中に一番活発になります。体内に取り込んだヨーグルトの乳酸菌をより活性化させ、その働きを高めたいなら、夕食後など就寝前のタイミングで食べるのが良いでしょう。夜間に乳酸菌を働かせ、朝一番でスッキリとしたお通じを見込むこともできます。

乳酸菌を摂取量とタイミング

このように、乳酸菌は乱れた腸内環境を整え、本来自分が持っている力を自然に引き出して、便秘を改善させてくれる働きを持っています。乳酸菌がより良い環境で活発になれるよう、食べ方・摂り方などでサポートをしながら、ぜひうまく利用していって欲しいと思います。

なぜ乳酸菌によってアレルギーの悩みが解消されるのか

人間のお肌の状況は、免疫との大きな関連性があります。

そもそも人々の中には、免疫に関する様々な問題点が生じている方が見られます。
免疫は、体を守ってくれる働きがあるのは有名ですね。
しかし何かの原因によって、その免疫が異常をきたしてしまう事もあるのです。

原因は色々と考えられますが、例えば腹内環境の悪化です。

お腹の中の環境は、免疫の働きを暴走させてしまう事があるのですね。
その環境が正常ならば、免疫も本来の働きを発揮しやすくなります。
しかし環境があまり良くなければ、残念ながら免疫が悪い方向に進んでしまう事があるのです。
それで様々な症状が生じてしまうケースも、しばしばあります。

それとお腹の中の環境は、アレルギーを引き起こす物質への抵抗力にも関わってくるのですね。
私たちの身の回りには、アレルギーに関わる様々な物質があります。
例えばハウスダストなどは、殆どの住宅にあります。
もしくは花粉なども、一定の悪影響があるのですね。

そしてお腹の中が正常な状態なら、それらのアレルギー関連の物質とも戦えるのです。
人間の元々の免疫力が正常になるので、アレルギーでも強くなるのです。

逆にお腹の中が異常な状態になっていると、アレルギーの攻撃に耐えられなくなってしまいます。
アトピー性皮膚炎なども、その症状の1つなのです。

このためアレルギーの問題点などを解決したいと思うなら、お腹の中の状況を整えてあげることが必要です。
その方法の1つが、乳酸菌なのですね。

乳酸菌は、とかくお腹の中に一定の効果を発揮してくれるのです。デトックスの力などは、その1つですね。
腹内の悪い物質を外に出してくれますので、自然とお腹の中の環境が整えられる傾向があります。

また乳酸菌は、善玉菌を強くしてくれる働きもあるのです。善玉菌の割合が増加すれば、総じてお腹の中は健全になってくれる事が多いです。

またお腹の中が整えられますと、血液に対しても一定の改善効果が期待できるのです。
血液の中が綺麗になってくれると、上記のアレルギー原因物質などに対する抵抗力も強まる傾向があります。

つまり乳酸菌がお腹の環境を改善する事で、アレルギーにも強くなる訳ですね。
それゆえに花粉で悩む方々が、春先にヨーグルトを普段以上に摂取する方も多いのです。

またアトピーを改善させる為に、それらの製品を摂取する方も多いですね。

アレルギーで色々と悩んでいる時には、乳酸菌を積極的に摂取するよう心がけると良いでしょう。

なぜ乳酸菌が下痢を解決してくれるのか

下痢をしている方々は、総じて腹内に問題が潜んでいます。

そのお通じに関する症状が発生する原因は色々考えられますが、例えば悪玉菌の増殖です。
最近テレビなどでも、悪玉菌と善玉菌に関して取り上げられる事があるでしょう。
悪玉菌が多いと、やはりお腹の中も悪くなってしまう訳です。

その他にも、腸壁に対する損傷があります。
栄養分をスムーズに吸収できるか否かは、腸壁の健全度に左右される事が多いのですね。
もちろん壁が健全ならば、それだけスムーズに吸収してくれる傾向があります。
逆に損傷が激しい時には、消化不良なども起こしがちなのですね。

このようにお腹に対して様々な不具合が生じるので、下痢になってしまう訳です。
お腹が健全ならば下痢になる確率が低いのは、明らかでしょう。

では下痢になってしまった時はどうすれば良いかというと、乳酸菌という手段があります。
ただその菌類にも、種類は様々あります。
口腔内に対して働きかけてくれる菌類も存在しますし、中には胃袋に対して働きかけてくれる菌もあるのですね。
上記は明らかに腸に問題がある訳ですから、数ある菌類の中では、お腹に対して働きかけてくれるタイプが望ましいでしょう。

ところで乳酸菌にはどのような効能があるかというと、例えば上記の悪玉菌に対する働きかけです。
もともと人間のお腹の中には、日和見菌と呼ばれる菌類が多くあります。
その菌類は、状況に応じて性質が変化するのですね。腹内の状況が良ければ、善玉菌に変化する事が多いです。
逆に状況が悪ければ、悪玉菌になる確率が高まります。

乳酸菌というのは、お腹の中を整えてくれる働きがあるので、総じて日和見菌は善玉になりがちなのですね。
最終的にはお腹の中の善玉菌の割合が増加しますので、下痢も解消されやすくなります。

また乳酸菌には、上記の腸壁に対する働きかけもあります。
乳酸菌は腸の壁に対して修復機能を発揮し、様々な損傷などを回復してくれる訳です。
ですので腸の壁が荒れてしまっていると考えられる時は、乳酸菌の摂取を試みると良いでしょう。

また菌類によっては、お腹の中の掃除の役目もあるのです。
お腹の中があまり清潔でなければ、もちろん環境も悪くなってしまいます。
逆に環境が良化すれば、下痢になる確率も低くなるのです。

このように乳酸菌は、下痢に対しては一定の効果が見込める訳ですね。
あまりお通じの状態が良くない時には、その菌類の摂取などを心がけると良いでしょう。

なぜ乳酸菌の摂取でダイエットが促進されるか

人々の中には、減量を試みている方も見られます。
最近ちょっとお腹の出具合が気になってきたので、体脂肪率を減らしたいと考える方も、たまに見られるでしょう。

ところで体脂肪率が増えてしまう原因の1つに、新陳代謝があります。
その代謝が活発か否かによって、減量が成功するかどうかも変わってくるのですね。

一般的に体脂肪率が低めな方々は、代謝が盛んな傾向があります。

ところが人によっては何らかの原因によって、それが少々不活発になってしまっています。
それで体脂肪率が増加してしまい、上記のようにお腹の出具合が気になってしまうのですね。

つまり体脂肪率の問題を解消したいと思うなら、代謝を盛んにしてあげれば良い訳です。
そのために、乳酸菌が活躍してくれる事があるのですね。
なぜならお腹の中の不具合を解消してくれるからです。

そもそも代謝が悪くなってしまう原因の1つは、お腹が荒れてしまっているからです。
本来お腹の中が健全なら、代謝に関わる数値なども健全な値を示す傾向があります。
ところが何かの原因でお腹の中が荒れてしまうと、当然代謝も異常をきたしてしまう訳ですね。

そしてお腹の中が荒れる原因として、その中に蓄積された老廃物があります。
人々は毎日のように食事をしますので、当然だんだんとお腹の中に物が蓄積されていくのですね。

その量が多くなってきてしまうと、上記の新陳代謝に対する悪影響が発生します。
それで体脂肪率も増えてしまう訳ですね。

ところが乳酸菌には、お通じを改善してくれる効果があります。
ここ最近、デトックスという表現がよく使われるようになってきました。

体の外に悪い物を出す作用を指します。
私たちが経口摂取する物の中には、その働きがやや強いものも存在するのです。

その1つが、乳酸菌なのです。

よくヨーグルトやお新香などを食べますと、お通じが良くなってくれるでしょう。

あれはその食品内に含まれる乳酸菌がお腹に働きかけて、体外排出などを促してくれるからです。
もちろん排出に伴って、老廃物なども身体の外に出てくれます。

そして上述のように、お腹の中の問題点は新陳代謝に対する悪影響を及ぼします。

しかし老廃物が外に出てくれると、当然代謝の問題点なども解消されやすくなるのですね。
必然的に体脂肪率も減少してくれますので、ダイエットも進みやすくなるのです。

ですのでダイエットを試みるならば、できるだけ乳酸菌は摂取する方が良いでしょう。
上記のヨーグルトやお新香などは、一定の効果を発揮してくれる事も多いです。