便秘と飲み物の関係

便秘は水分不足から悪化すると言いますが、ではどのような飲み物が良いのでしょうか。具体的には、朝1杯の水というものが便秘には良さそうです。腸が刺激されて、便意を催すからです。またその水の中にレモン汁などを数滴入れるとビタミンCの作用で、一層お通じが来やすくなります。便秘になるときというのは、腸内が干上がって水分不足の場合も多いですから、小まめに水分補給をするのを必須にしてください。

imasia_9870802_M

水分不足の腸内では、便がカチコチになっています。本来なら近くにある便どうしが融合してひとつの塊になるはずですが、水分不足だと便が固まらず、うさぎの糞のように、コロコロとして分散してしまいます。

このような便が排便時に出たのなら、要注意信号が点滅していると思ってください。便秘になっています。まだ何となく便が出にくいと思っている内に対処しましょう。夏場は特に水分がすぐに体外に出ていきます。脱水症状になると、疲れやすく目眩がして来ることも多いです。出かけるときにはペットボトルや水筒を持ち歩く習慣をつけたいものですね。備えあれば憂いなしです。一度便秘になるとその癖が抜けずに、慢性化することもあります。自覚を持って便秘を改善させていきましょう。

imasia_634642_M

飲み物は、夏でも本当はあたたかいものが良いです。朝は冷たい水で腸を起こすべきですが、普段は内臓を冷やさないように配慮して余り冷たいものを常時飲むのはオススメしません。あたたかい飲み物が苦手であれば、常温の飲み物が胃腸に優しいです。慣れるまでは、いささか苦手感があるかもしれませんが、慣れてしまえば病みつきになります。特に便秘になりやすい人は常温の飲み物で、便秘をする機会や下痢をする頻度が減ったことを感じるかもしれません。腸は、デリケートなので少しのことで便秘や下痢を引き起こすのです。加齢に伴い、免疫力が下がるとその傾向が高くなります。

便秘解消サプリおすすめランキング

便秘に効果のある飲み物

ここで、便秘に効果のある飲み物を紹介します。この他にも便秘に良いとされる飲み物は数多ありますが、簡単に手に入り直ぐに効果の期待できるものを選びました。試してみてください。

1・炭酸水
炭酸水は、胃酸の分泌を促すので消化を促進します。ちゃんと胃の中の内容物が消化されれば、大腸に届くのも早くなり便秘になる要素を減らしてくれます。また腸を刺激するので便意を感じやすくします。外国産の炭酸水は硬水の炭酸水ばかりなので、こうした硬水の炭酸水を飲むとマグネシウムの効力もあり便通がよくなる飲み物です。

2・生姜紅茶
生姜は体を温めます。冷え性の人や内臓が冷えていることで便秘になっている人に効果があります。内臓が温まると、新陳代謝が促進されるので便秘しにくい体質に変化していきます。生姜は殺菌作用もあるので、虚弱体質ですぐに風邪を引く人にも向いています。虚弱体質の人は免疫力も低いので、免疫力を上げれば腸の動きも元気になり、便秘を解消する原動力を与えてくれます。紅茶の中のカフェインも腸を刺激してくれますよ。

imasia_5986119_M

3・甘酒
甘酒にはじつは、食物繊維やオリゴ糖などの便秘に効果のある成分が含まれています。この成分が便秘を予防します。また、温かい甘酒は体の芯まで温めますので、腸の冷えを予防してくれるのです。ひな祭り以外にも毎日晩酌の代わりに飲んでみてはいかがでしょうか。健康的な飲み物です。

4・豆乳
豆乳には大豆イソフラボンが含まれているので、女性の便秘には特に効果を発揮します。生理前は黄体ホルモンの影響で腸の運動が抑制されてしまいます。しかし、大豆イソフラボンを摂取すると、卵胞ホルモンが分泌されるようになるので、二つのホルモンのバランスが保たれて便秘を回避することができます。生理前に便秘を起こしがちな女性の、強い味方です。

imasia_15771655_M

5・飲むヨーグルト
飲むヨーグルトは手作りでなくとも、乳酸菌が豊富な市販のものがありますので手軽に飲めます。生きたまま腸に届く乳酸菌が、腸の中で悪玉菌を抑制して、善玉菌を圧倒的に増やして行くことで、便秘を改善させます。とても有名なので、ヨーグルトを便秘予防に飲む人は多いです。安定の便秘予防飲料です。

関連ページ:便秘改善の定番といえばヨーグルト

便秘には厳禁な飲み物

ここで、便秘を促進する危険な飲み物についても触れたいと思います。それはタンニンの含まれた飲み物です。タンニンはカテキンが酸化することで出来る物質です。コレステロール対策にはとても良いものなので一方的に悪者ではありません。しかしこのタンニンを摂取しすぎると腸粘膜に膜を作り、腸の蠕動運動が弱まってしまうのです。しかしお茶や赤ワインなどにも含まれていますから、飲まないというのも変な話ですし、生姜紅茶の場合はどうなるのかと疑問が生まれると思います。

タンニン自体は、悪いものではないので、神経質にならなくても普通に摂取するくらいなら寧ろ健康に良いくらいです。しかし重度の便秘、慢性便秘の人などには控えるのが賢明なものなのです。常に便秘になっている・・という人はタンニンの入ったお茶全般にも注意を払った方がいいかもしれません。飲み物を選ぶときには、自分の便秘がどの程度の重さなのかも加味したほうが良いでしょう。

便秘解消サプリおすすめランキング