そもそも、にがりとは何か

にがりって、あの豆腐に入ってるあれ?という認識を持つのが多くの人でしょう。このにがりの主成分は塩化マグネシウムです。しかしこの他にも、塩化カリウムや塩化カルシウム等といった、ミネラルが豊富に含まれています。海水から生成される、にがりは海からのプレゼントといったところでしょうか。何せ、海水というのは人間の持つミネラルバラ
スと同じなのです。生命が海から始まったとのは、この海水のミネラルバランスと人間のミネラルバランスを比べてみると良くわかります。

にがりは海水を汲み上げて、煮詰めると出来上がります。海水が蒸発して海水量が10分の1になると塩化ナトリウムになりますが、その残りの母液をにがりと言うのです。粗製海水塩化マグネシウムと呼ばれます。

にがりは、料理に味わいをもたらします。お米に入れて炊くと新米のように美味しく出来上がりますし、魚や肉のアクを取るのにも使われます。にがりのマグネシウムが野菜を煮る際に、煮崩れを防ぐので煮物もまるで熟練の技術さながら綺麗にできます。何気ない料理に使用することで旨みも増しますし、なにより便秘に効果があることが、嬉しいですね。意識してにがりを生活の中に取り入れると、便秘で張った腹部もスッキリ凹んで行きます。緩やかで痛みの少ない便意が起こるでしょう。

にがりが便秘に効果的!

にがりは主成分が塩化マグネシウムであることからも、便秘に効果があるのは明白です。何故ならこのマグネシウムは下剤として医師から処方される医薬品にもなっていますし、市販で販売されている下剤にも含まれている成分だからです。にがりの主成分、マグネシウムが腸の中の塩分濃度を下げるために、腸で水分を吸収し便を柔らかくする事で硬くなった便を排出しやすくしてくれます。また便が水分で膨張することから、腸を刺激して蠕動運動を起こしてくれるのです。食物繊維に似た働きをするのが、にがりの特徴とも言えます。

ダイエットの中には豆腐を使用する、豆腐ダイエットなるものもありますがこのダイエットなども、にがりの特性を生かしたものです。にがりによって便秘を解消し、新陳代謝を上げて行くことでダイエットを促進させる狙いがあったはずです。にがりは便秘を解消するので、にがりの含まれる豆腐などを食材として毎日摂取するだけでも、便秘には効果があります。にがり自体を使うのが、面倒な場合は豆腐を代用しても、十分効果があります。にがりサプリメントも、数多く出ていますので、活用するのも良いかもしれません。

病院では妊婦などに処方される数少ない便秘薬が酸化マグネシウム錠です。マグネシウムは副作用が少ないことや胎児に影響が少ないと認められているのです。しかし、薬に抵抗感のある妊婦も多いものです。そんなときに、にがりを使用して料理の隠し味にしたり、豆腐を食べてみると便秘解消に繋がります。また、小さな子供や高齢者にもにがりを使う料理で便秘を予防する効果がありますので、積極的に使用したいものです。

ただし、無闇矢鱈とにがりを使用しすぎては逆効果なのを忘れないでください。1日の目安量は、濃度の高いものなら3滴~5滴程度です。にがりとは別に、マグネシウムを原料とした便秘薬を飲む場合はもっと下げたほうがいいでしょう。便秘は慢性化すると非常に苦しいのでにがりやマグネシウム下剤に頼りたい気持ちはわかりますが、限度を見極めないと悲劇を招くことになります。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

摂り過ぎは危険

確かに便秘を治すのに最適なにがりですが、大きな注意点もあります。どんな栄養素でも同じことが言えるのですが、摂取しすぎると何かしらの副作用のあることがあります。それは、このにがりにも言えることです。健康と美容と便秘に良いとされていますが、摂取の仕方を間違えると命取りになることもあります。

にがりの成分はマグネシウムですが、このマグネシウム成分の下剤を長期服用していた15人が入院し、その中の2人は死亡してた事が国の調査で分かっています。原因は高マグネシウム血症と言われるもので血液の中のマグネシウム濃度が高くなることで、筋力の低下や呼吸障害や最悪は心停止に至る病なのです。

腎臓に病気を抱えている人や、体力のない高齢者はマグネシウムを控えたほうがいいでしょう。腎臓にマグネシウム溜まってしまい、排出出来ずに、高マグネシウム血症になってしまうからです。2008年の調査で判明した2人の死亡者も高齢者でした。もしかしたら腎臓に疾患があったのかもしれません。にがりを摂取するばあいも、マグネシウムがもとの疾病に苦しむ可能性があります。よって、心配ならば医療機関で相談するか、検査をして腎臓に問題がないか知る必要があります。

またマグネシウムは下剤として使用される事からも、お腹が緩くなるのは否めません。にがりの摂取は下痢を引き起こすきっかけになります。にがりは、料理を美味しくするのに欠かせないものですが、便秘が改善されたら少し様子をみて、どの程度まで摂取できるのか考えましょう。摂り過ぎは、健康被害を害する可能性があります。

関連ページ:便秘に効果のあるマグネシウム取り扱い注意

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら