肥満体質の遺伝子を持つと便秘になりやすい

便秘体質は遺伝するのだろうかと問われたら、するかもしれないと答えるしかありません。便秘の遺伝子というのはありませんが、確実ある遺伝子があります。それは「肥満遺伝子」です。肥満は30%~70%で遺伝すると言われています。肥満になると、代謝機能が落ちますし肝臓も悪くなりますので、便秘になりやすくなります。こうした肥満遺伝子
の持ち主が、即ち便秘の遺伝と定義されるのかもしれません。

しかもこの肥満遺伝子は日本人の3人に1人が持っているといいます。β3アドレナリン受容体遺伝子が変異したこのタイプの遺伝子を持つ者は、一般の日本人よりも基礎代謝が平均して、200カロリーも低いという結果がでています。ということは太りやすく肥満になりやすいのに痩せることは困難だということです。

こうした肥満遺伝子を調べるのに便利なキットが簡単に販売されていてネットなどでも申し込みできます。もし気になるようなら、購入して専門機関で、調べてもらうのも良さそうです。だいたい1万円前後で1ヶ月ほどで、結果が郵送されてくる所が多いようです。簡易診断なので本格的に調べれば、さらに多くの出費は必要ですが、知っておいても
不都合はないでしょう。

 

肥満遺伝子を持っていると、代謝機能が悪いので腸内の環境も変調をきたしやすいのです。もし家族に便秘症の人が多く、また肥満傾向にある場合は、便秘も遺伝したと考えて良さそうです。

遺伝したものをどうにかするのは難しい事ですが、生活習慣に気を配り肥満にならないように細心の注意を払い、便秘にもならないように気をつけることが最善なのではないかと思います。

 

兎も角、この遺伝子は多くの日本人が持っています。遺伝していたとしても気に病むことなく、淡々と腸活していくのが得策です。食物繊維を多く摂取し、糖質を控えることで肥満遺伝子に抵抗していきましょう。肥満は遺伝3割、生活習慣7割といいますから、あるものはあるけれど、努力の余地も大いにあると割り切っていきましょう。

腸の長い人は便秘しやすい

ずいぶん前から、まことしやかに噂されていたことがあります。それは日本人は欧米人よりも、腸が長いから便秘しやすいということです。しかしこれは、根も葉もないことでした。実際に日本人と欧米人の腸の長さを計測したところ、むしろ欧米人の方が日本人よりも腸の長さは長かったというオチまでつきました。

都市伝説の話とは言え、個人レベルでは腸の長い人もいるはずです。そして、腸が長い家系に生まれた人は、やはり便秘しやすいのは本当のことなのです。腸が長ければ、便が排泄されるまでに、時間を多くとることになりますから、その途中で悪玉菌が繁殖し便を腐敗させながら滞留させてしまうことは、十分考えられます。便秘で苦しんでいる家系の人たちは、じつは遺伝によって腸が通常よりも長いのかもしれません。その可能性は高いでしょう。

 

アフリカ人とイギリス人の排便の時間の間隔を調査した結果によるとアフリカ人の方が排便に時間感覚が短く、イギリス人は時間感覚が長いという結果が出たそうです。これはアフリカ人が食物繊維を多く摂取しているのに対し、イギリス人は肉食だということで、便が腐敗しやすいということだそうです。

遺伝もそうなのですが、民族ごとの文化の違いもそこには大きく影響しています。便秘も遺伝と一括りにしては、その先がありません。日本人も江戸時代までは、菜食を主流にしていました。あとは魚を食べるくらいです。しかし、明治に入り欧米の食文化が入ることによって、日本人の食生活は激変しました。肉や牛乳などを摂取するようになりました。そのことで脚気もなくなりましたし、恩恵も多くありました。

 

しかし、その一方では便秘という副産物も手に入れたと考えて良いでしょう。文化の中で食生活も育っていきます。遺伝だけのせいではないと思うことが便秘解消のためには必要です。遺伝に逃げたら、発展がないからです。

腸が長く便秘しやすい場合は、少しでも多くの蠕動運動を仕掛ける必要がありますので、食物繊維を多く摂取しながら、腸を動かすために小まめに水を飲みながら運動することです。長い腸であれば、ライフワークにするくらいの気長な気持ちが大切です。

自分の体質に配慮しながら、便秘を解消する策を模索したいものです。遺伝であっても、生活習慣を変えるだけで、腸内環境も変化します。

家族の生活習慣が便秘体質をつくる

家族が一緒に暮らしていると、食事の内容が同じになりますから、そこでどうしても便秘になりやすい家庭というものが出てくると思います。脂質の多いものを好み、肥満系の家庭や、肉類を中心に食べて野菜を殆ど食べない家庭などは、便秘になりやすい環境です。

それを遺伝というのなら、それもありかもしれません。しかし、家族ごとに便秘を改善するために食生活を変化させていけば、劇的に便秘は治って快便家族になれるのではないでしょか。

意識改革をしていけば、遺伝という言葉に惑わされることなく快適な生活ができるのだと言えます。