乳糖が緩やかな下剤効果

小さな頃から、牛乳は体に良いと言うことで、有無を言わさず飲まされきたのではないかと思います。学校の給食にも必ず出されますし家庭の中でも特に朝ごはんと一緒に飲むという事が多かったはずです。育ち盛りの子供には、カルシウムを摂取できるということで、成長を促す作用が重用されてきました。一方で、便秘の時には牛乳を飲めという民間療法もよく聞くことです。牛乳を飲むと、便意が起きてくるというのは実際に至るところで聞く話です。では何故、牛乳を飲むと便意が起こり便秘を解消することになるのでしょうか。その秘密は、牛乳の中に含まれる乳糖にあります。

この乳糖と言うのは、牛乳に含まれる成分のひとつで、まず消化されにくいという特徴を持っています。そのため、小腸では吸収されにくく大腸に届きます。消化されないまま大腸に辿りついた乳糖は腸内から水分を集めて、硬くなった便を柔らかくします。また、腸内の善玉菌の餌になることで善玉菌が増えて、悪玉菌を滅するのです。さらに乳頭を餌にして増えた善玉菌は餌にする過程において、乳酸や酢酸を発生させるので、その後も悪玉菌が増えないように増殖を抑えるのです。

驚くべき牛乳の効果には、今まで単純にただ飲んでいた事を反省したくなりますね。骨を強化するだけではなく、明らかに便秘を改善させる成分が大腸まで届き、仕事をしてくれていたのです。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

乳糖不耐症には逆効果

牛乳を飲むと激しい下痢の症状に苦しむ人もいます。確かに乳糖は便を柔らかくするので、軟便になることもあるかもしれません。しかし、過剰な下痢の場合は乳糖不耐症の可能性があります。乳頭を最後まで分解できない為に下痢になってしまうタイプです。大腸で善玉菌によって餌になるはずの乳糖がそのまま残ってしまうのです。その為激しい下痢の症状に襲われます。このように過剰な激しい痛みを伴うのは、乳糖が便秘に効果をもたらしているとは言い切れません。本来は緩やかに便意を促すのが、乳糖だからです。一見して、下痢になってでも排便できているのだから、問題ないと飲み続ける人がいますが、この場合は牛乳を控えたほうがいいでしょう。肛門が荒れてしまい、その痛みから排便自体が億劫になり便秘を悪化させてしまいかねません。

ヨーグルトの場合は、加工段階で30%の乳糖が分解されますので、もし牛乳が難しいようであればヨーグルトを代用してみるのもいいかもしれません。それでも70%は分解されないままですので、下痢が酷いようなら自分には向かないのだと諦めて、他の便秘解消法を模索するしかないでしょう。

牛乳は冷たい方がいいのか、温かい方がいいのか

牛乳の飲み方にも諸説あります。朝一番で冷たい牛乳を飲むと、便秘が治るとも言われていますし、温かい牛乳の方が便秘には効果があるとも言われます。しかし、どちらがよいのかと結論を出すのは、あまり意味がなさそうです。その両方に便秘を改善させる、効果があるからです。

冷たい牛乳であれば、朝の腸の蠕動運動を活発化させてくれます。冷たい飲み物が刺激を与えてくれるのと同時に、乳糖が善玉菌を増やしてくれます。また、温かい牛乳であれば腸を驚かせ過ぎずに、緩やかに乳糖の作用によって便意を起こさせることで、下痢になりにくい特徴があります。

自分に合った方法で、牛乳を飲む事が大切なのではないでしょうか。お腹が元々弱いのであれば、温めて飲むのがより良い方法ですし、頑健な体ではあるけれど便秘がひどいという人は朝一番の冷たい牛乳が功を奏します。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら

ひと工夫で美味しい牛乳レシピ

そのままの牛乳が苦手だという人も中には居ます。せっかくの便秘解消のチャンスを苦手意識で棒に振るのは悲しいことですね。そんな牛乳が苦手な人にも牛乳を摂取できるレシピをご紹介します。簡単なので今日からでも作れますので、是非便秘を治す為にも試してみてください。

1・きなこ牛乳
コップ1杯の牛乳に、きなこを大さじ1杯入れるだけです。物足りない場合は蜂蜜を入れても美味しく召し上げれます。牛乳のみならず、きなこに含まれるオリゴ糖が腸を活発にしてくれるので、便秘をダブルアタックで改善へと導きます。大豆イソフラボンの効果で、美肌やダイエットにも効果があるので人気があるレシピです。

2・牛乳寒天
寒天を沸騰した湯に入れて戻します。そこへオリゴ糖などを入れて牛乳も混ぜます。型に入れ直して冷やして食べて下さい。お好みで蜜柑の缶詰を入れても良いでしょう。寒天は食物繊維が豊富で、便秘を治すのに使用される健康食です。牛乳と一緒に食べることで、便秘を予防します。毎日食べれば、便秘知らずになります。

3・バナナ牛乳
ミキサーで牛乳とバナナの混ぜ合わせた飲み物です。朝バナナダイエットというものもあったほど、バナナの効能は高いことで有名です。頑固な便秘もバナナの食物繊維と牛乳の乳糖で予防できます。飲み始めるとやみつきになる飲みやすさと美味しさです。

よく読まれてる便秘解消の記事はこちら