お腹の調子は腸内細菌の関係で決まると言われており、善玉菌と悪玉菌のバランスで善玉菌優位になれば、腸の活動が活発になり、排便も良くなり免疫力や代謝力が高くなります。

結果的に便を溜めずに有毒ガスも発生しなくなり、老廃物を体外に出したり栄養吸収力が高まりますから、美容や健康にも良い状態を作る事が可能です。

imasia_9536050_M

逆に言えば腸内環境が悪化して悪玉菌が優位になると、腸の動きが低下して便の滞留が起こったり有毒ガスが発生し、腸壁から血中に入って全身に毒素を巡らせる事にもなります。

肌荒れが起こったり、体の抵抗力が落ちて元気が無くなったり、代謝悪化から太りやすくなる等の悪影響がありますから、善玉菌を優位にする事が望ましく、その為にはビフィズス菌やオリゴ糖の摂取が有益です。

ビフィズス菌は善玉菌の代表的なものでもあり、悪玉菌増加を抑制する力を持っているものですし、オリゴ糖はビフィズス菌を増殖させる餌になります。

肉食主体や油モノを食べる機会が多いと腸内環境が悪化し、他にも運動や睡眠不足、ストレスや加齢でビフィズス菌は弱くなっていくものです。

ビフィズス菌は乳製品や和食等から摂取出来るものですが、定着しにくい傾向にありますし、食事だけでは胃酸で溶けて腸に届きにくいという面もあります。

そこでオリゴ糖を一緒に摂取する事で、ビフィズス菌を応援する事に繋がり、オリゴ糖は腸まで確実に届いてくれるという効果がある点は魅力です。

tensaitou2

 

砂糖の仲間でもオリゴ糖はカロリーも少なく、砂糖変わりに摂取する方も多いですが、善玉菌を増やす為に非常に強力な味方と言えます。

オリゴ糖摂取を継続的に行う事で、ビフィズス菌の勢力を保つ事が可能になり、甘味もあって食べやすいものですから、毎日摂取してビフィズス菌をサポートする事が望ましいです。

オリゴ糖を食品のみで摂取しても、ビフィズス菌増殖に繋げる十分な量を満たす事は難しいと言えますから、人工抽出されたオリゴ糖が市販で販売されており、砂糖の代わりとして使用すると効率的に摂取可能であり、ビフィズス菌が増えて善玉菌優位になれば、美容や健康に好影響を与えるものです。